LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画のやり方と違反を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画をしたいけれど、違反しないやり方を知りたい。

ユーチューバーの中には、チャンネル登録をプレゼント企画の応募条件にしている人がいるけれど、これは違反ではないの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

YouTube(ユーチューブ)のチャンネル登録や視聴回数を稼ぐためにプレゼント企画をやりたいとお考えの方に向けて、プレゼント企画のやり方と違反について解説していきましょう。

YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画のやり方と違反を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画のやり方と違反を、以下の流れで解説していきます。

  • 目次1.YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画はやり方次第で違反になる!
  • 目次2.YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画で違反しないやり方

YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画はやり方次第で違反になる!

結論から言うと、YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画は、やり方次第で違反になります。

違反になるプレゼント企画とは、インセンティブスパムに該当するケースです。

YouTube(ユーチューブ)のインセンティブスパムとは?

インセンティブスパムとは、YouTube(ユーチューブ)のチャンネルや動画で、意図的にエンゲージメント、すなわち以下を増やすための行為をさしています。

  • チャンネル登録者数
  • 動画の視聴回数
  • 高評価
  • コメント

たとえばチャンネル登録をプレゼント企画の応募条件にする行為はインセンティブスパムと判断され、コンテンツの違反となります。

違反と判断されると、YouTube(ユーチューブ)からの違反警告を受けて、以下のようなペナルティのおそれがあります。

  • チャンネルが収益化できなくなる
  • チャンネル停止やアカウント凍結
  • 不正なチャンネル登録者における収益化の除外

金品だけでなく、情報など視聴者が何らかの対価を受け取れるプレゼント企画も、エンゲージメントを操作することになるため違反になります。

広告収入を得るために、広告のクリックや再生をプレゼント企画の応募条件にすることも、Adsenceのポリシー違反としてアカウント停止になりますので絶対にやめましょう。

プレゼント企画以外にも、クリエイター同士で相互にチャンネル登録しあう、動画を見せ合うなども、YouTube(ユーチューブ)のインセンティブスパムになる違反行為ですのでご注意ください。

詳しくはYouTube(ユーチューブ)の「スパム、欺瞞行為、詐欺に関するポリシー - YouTube ヘルプ」に明記されていますので一度確認してみましょう。

YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画で違反しないやり方

YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画は、チャンネル登録者数や動画の視聴回数を得ることが目的だったけれど、違反になってしまうのでやる意味がないとお考えの方もいるでしょう。

たしかにその通りかもしれませんが、プレゼント企画をきっかけに動画を視聴してもらえたり、チャンネルの存在を認知してもらえたりするチャンスはあると言えます。

そもそもプレゼント企画の開催は違反ではなく、エンゲージメントを意図的に操作しないやり方であれば問題はありません。

ここではYouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画で違反しないやり方についてみていきましょう。

エンゲージメントにつながる応募条件にしない

上項でも解説した通り、YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画では、チャンネル登録、動画の視聴など、エンゲージメントにつながることを応募条件にすることは違反ですのでやめましょう。

みているとダイレクトではなく「チャンネル登録で当選確率が上がる」と応募条件に記載することも違反になる可能性は高いです。

「チャンネル登録者数**人でプレゼント企画の応募を締め切り」とする行為も違反になるリスクがあります。

グレーゾーンでプレゼント企画を行っている場合、特に影響はないから大丈夫なのではなく、ただ単にYouTube(ユーチューブ)に発覚していないだけのケースもあります。

多くのユーチューバーがプレゼント企画の違反によってYouTube(ユーチューブ)の運営に支障をきたしているため、少しでも違反の可能性があるものについてはやめておく方が無難でしょう。

正確な情報についてはYouTube(ユーチューブ)のサポートデスクにご確認ください。

プレゼント企画の応募はSNSなどのYouTube(ユーチューブ)外で行う

プレゼント企画では、エンゲージメントにつながる応募条件にしないこと以外にも、YouTube(ユーチューブ)外のサービスを活用して行うことをおすすめします。

たとえばツイッターを活用する場合プレゼント企画に関するツイートのリツイートや、インスタグラムへのコメントを応募条件とするケースがあります。

また当選者へのDMをもって発表にかえるケースでは、アカウントのフォローを忘れずにしてもらいましょう。

SNSの利用規約に違反しないように一度ご確認ください。 またGoogleフォームもプレゼント企画の応募に便利ですので、検討してみてはいかがでしょうか。

YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画のやり方と違反を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)のプレゼント企画のやり方として、まず押さえていただきたいのは違反しないようインセンティブスパムを意識することです。

インセンティブスパムに該当すると、最悪アカウント凍結のおそれがあり、YouTube(ユーチューブ)の動画で収益を得ることができなくなってしまいます。

プレゼント企画の応募条件として、意図的にチャンネル登録者数や視聴回数を稼ぐために、エンゲージメントを増やすための条件を並べることはやめましょう。