LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニックを分かりやすく解説

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニックを知りたい! このようにお考えの方は多いでしょう。

たくさんの視聴者やフォロワーを増やすために、少しでも魅力的な動画を撮影したいと思いますよね。

楽しくてクオリティの高い動画を観ることができるTikTok(ティックトック)ですが、実は基本的なテクニックを知れば、思うような動画を簡単に撮影できます。

せっかく用意されている機能ですが、使いこなせてない人が多いのも実情でしょう。

ムダにしないためにも基本的なテクニックを使えるよう、TikTok(ティックトック)の撮り方を覚えてください。

こちらでは基本操作から撮影方法のテクニックや撮り方のコツをご紹介します。

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニックを分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニック

まずは以下の操作で、TikTok(ティックトック)の基本的なテクニックを設定できる画面へ移動しましょう。

  • 1. TikTok(ティックトック)の「撮影」アイコンをタップし、撮影を開始

するとTikTok(ティックトック)の撮影開始スタンバイ画面へ移動します。

ここではいくつかの撮り方の基本的なテクニックが使えますのでご紹介しましょう。

iPhoneを使ってご紹介しますが、アンドロイドも同等の方法でOKです。

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニック【楽曲を選ぶ】

TikTok(ティックトック)動画のBGMを設定します。

音楽をつけるのは、撮り方のもっとも基本的なテクニックと言えるでしょう。

自分の好きな楽曲を選んでください。動画の撮影を完了した後に、BGMを設定します。

  • 1. 赤色の「録画」ボタンをタップして録画スタートし、撮影を完了させる
  • 2.画面右上の「ヒト型」アイコンをタップし「楽曲を選ぶ」を表示
  • 3.BGMに使いたい音楽をタップし赤色の「レ点」アイコンをタップで楽曲の設定完了
  • 4.「ボリューム」をタップし「楽曲」または「オリジナル楽曲」のボリュームバーをドラッグで調節。設定できたら赤色の「レ点」アイコンをタップ
  • 5.続いて「楽曲をカット」をタップし「音声グラフ」をドラッグで移動すると曲のの長さを調節できます。好きなパーツから曲を開始できますので、自分が使いたい曲の節目に合わせる。完了したら「レ点」アイコンをタップ

ちなみにTikTok(ティックトック)で用意されている音楽のみ、JASRACで承認済みです。

利用できるものは承認済みの音楽に限るので、ダウンロードしたり購入したりした曲は使わないでください。

JASRACでは人気の楽曲も用意されていますので利用しましょう。

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニック【速度】

TikTok(ティックトック)動画にて画面のスピードを早めたり、ゆっくりにしたりする撮り方です。撮影前にいずれかを選んで設定してください。

「速度バー」で、0.1x、0.5x、1x、2x、3xのいずれをタップで設定し、撮影できます。

0.1が遅く、3が一番速いです。

スローモーションや早い動きなど、自分のニーズに合わせて設定してください。

「速度バー」の表示・非表示はTikTok(ティックトック)画面右上の「速度」アイコンで切り替えられます。

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニック【スタンプ】

スタンプは、TikTok(ティックトック)動画にさまざまな効果を加えられ、クオリティの高い撮り方ができます。

カメラを動かして効果をつける撮り方もありますが、スタンプそのものが特殊な効果を与えられるので、使わないと非常に損ですよ。

TikTok(ティックトック)でスタンプを利用すること自体が、テクニックと言えるでしょう。

  • 1.「スタンプ」をタップ。「HOT」「NEW」などのカテゴリをタップし、使いたいスタンプをふたたびタップして選択
  • 2.動画撮影を開始する。スタンプごとに動作を指定された場合はTikTok(ティックトック)アプリの指示にしたがう

こんなに簡単にクオリティの高い撮り方ができます。編集不要で、すぐTikTok(ティックトック)へ公開できるのもうれしいですね。

エフェクトから、背景の装飾、画面の動き、人物や動物の動きに合わせた効果(たとえば手を叩くと、音がアニメーションとして表示されるなど)など、さまざまな効果を使って撮影できます。

TikTok(ティックトック)では600種類以上のスタンプが用意されていますので、自分の好みの動画に仕上げることができるでしょう。

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニック【フィルタ】

画面にフィルタ効果を与え、TikTok(ティックトック)動画に特殊効果を与えます。

設定することで色調や光、テクスチャ、モノクロなどを好みに指定し、美しい撮り方ができます。

「ポートレート」「ライフ」「アーティスト」の3種類の中から、好みに合ったものを選択しましょう。

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニック【美肌】

「美肌」「スリム」「目」「リップ」「チーク」など、女性にうれしいメイク効果を与えた撮り方ができます。

5つの効果のいずれかをタップしバーで調節した後、自由に設定しましょう。

元に戻したい場合は矢印アイコンをタップしてください。

撮影を開始すれば設定が保存され、動画に効果を盛り込めます。

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニック【カウントダウン】

撮影までの時間をカウントダウンで設定します。

撮影開始に自分で録画ボタンをタップする手間がありません。

また動画の撮影時間の長さも設定できるので、自分でボタンをタップして終了する手間もないです。

よって動画撮影の開始から終了まで完璧な撮り方ができるでしょう。

  • 1.「録画停止位置を選択」をドラッグして、動画の撮影時間を指定
  • 2.「カウントダウンを開始」ボタンをタップして、動画の撮影を開始する

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニック【その他/フラッシュ】

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニックの最後はフラッシュです。

ちなみに「その他」にはフラッシュしかありません。

暗い場所で撮影するときに役立つでしょう。撮影前にタップしてオンにしてください。

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニックを分かりやすく解説まとめ

TikTok(ティックトック)の撮り方の基本的なテクニックについてご紹介しました。

特別な撮り方をしなくてもTikTok(ティックトック)では付属機能を利用すれば、テクニックを生かした撮り方が可能です。

実はTikTok(ティックトック)には詳しい撮り方のマニュアルがありません。よって使いこなせないという方も多いのが実情でしょう。

こちらで詳しく解説しましたので、ぜひ参考になさってください。

こちらの機能を盛り込んで投稿すれば、ハイクオリティな動画を配信できますよ。

そのうえでトランジションなどの撮影方法を取り入れると、より見ごたえのある動画が撮影できるでしょう。