LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)を分かりやすく解説

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

TikTok(ティックトック)でライブ配信(LIVE)できるのか、気になりますよね。

最近、このようなことを耳にした方もいるはずです。

TikTok(ティックトック)は、ショートムービー配信のプラットフォームとして知られています。

もしTikTok(ティックトック)でライブ配信(LIVE)できるのなら、ぜひ始めたいと言う方もいるでしょう。

この記事ではTikTok(ティックトック)でライブ配信(LIVE)できるのかについて解説します。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)にライブ配信(LIVE)はあるの?

短編動画投稿プラットフォームとして有名なTikTok(ティックトック)では、ライブ配信(LIVE)を行っています。

ただそれは中国版TikTok(ティックトック)「抖音」の話で、現在の日本版TikTok(ティックトック)のことではありません。

しかし今後、TikTok(ティックトック)でライブ配信(LIVE)サービスが行われる可能性もないとは言い切れないのが現状でしょう。

中国のTikTok(ティックトック)がライブ配信(LIVE)配信サービスを導入した理由は、すでに確立されたビジネスモデルだからです。

TikTok(ティックトック)を収益化するにあたり、まずは運営資金を確保する必要がありました。

そこで多くのユーザーが見込めるライブ配信(LIVE)を始めたと言われています。

だからと言って、ライブ配信(LIVE)事業をメインにする意向はTikTok(ティックトック)にありません。

あくまでも動画配信サービスメインで事業を行いるる、資金集めの一環としてライブ配信(LIVE)事業を行っています。

実は日本でも2019年にTikTok(ティックトック)の収益化プログラムを行うと発表しています。

中国のTikTok(ティックトック)と同じように、まずはライブ配信(LIVE)で収益を得るのか、いきなり動画配信の収益化を目指すのかはわかりませんが、稼げるサービスになることは確実です。

現段階(2019年5月24日)ではまだ詳細はわかりませんが、日本のTikTok(ティックトック)ではライブ配信(LIVE)サービスを行っていません。

もしライブ配信(LIVE)を始めるのなら、他社サービスを利用しましょう。

他社サービスについては後ほどご紹介しますが、まずはTikTok(ティックトック)ユーザーにライブ配信(LIVE)配信をおすすめする理由をごらんください。

TikTok(ティックトック)ユーザーにライブ配信(LIVE)をおすすめする理由

コミュニケーションツールとして、また有名になるためにTikTok(ティックトック)は非常に魅力的なサービスです。

自分を表現したい若い子たちがこぞって利用する理由もわかりますよね。

しかし目立ったり有名になったりするなどの目的がないと、特にTikTok(ティックトック)の魅力は感じられない…そのような方もいるはずです。

ではティックトッカーにとって、他社ライブ配信(LIVE)を利用するメリットは何なのでしょうか。

動画配信とライブ配信(LIVE)配信のふたつの違いが明確になりますよ。

ライブ配信(LIVE)はお金を稼げる

どんなにファンや再生回数が多くてもTikTok(ティックトック)ではお金を稼げません。

もし多くのファンを抱えている方なら「YouTubeみたいに稼げたらなあ」なんて思う人もいるはずです。

ライブ配信(LIVE)はTikTok(ティックトック)とは違い、稼げるサービスです。ファンからの投げ銭によって収益が生まれるのが、何よりの魅力でしょう。

TikTok(ティックトック)から送客できる

多くのファンをTikTok(ティックトック)で抱えているのなら、ライブ配信(LIVE)で収益を得るチャンスです。

TikTok(ティックトック)からの送客で、効率よく稼ぐことができます。

ライブ配信(LIVE)を始めたばかりの頃、リスナーは0人です。地道な集客で視聴者を獲得しなければなりません。

しかしすでにTikTok(ティックトック)にファンがいれば、ライブ配信サイトへ誘導して稼ぐことができるでしょう。

リスナーにとってもTikTok(ティックトック)動画の中で視聴することしかできなかった憧れの人と話したり、心を通わせたりできるのは大きなメリットです。

とてもおすすめですよ。

TikTok(ティックトック)のおかげで配信に慣れている

ティックトッカーは配信や撮影に慣れている方が多いはずです。

よって同じように撮影するライブ配信にもスムーズに参入しやすいのはメリットでしょう。

動いたり踊ったり、人から注目を浴びることが苦手な方は、急なライブ配信(LIVE)で戸惑ってしまいます。

しかしTikTok(ティックトック)ユーザーは目立ちたい人も多いので、ライブ配信(LIVE)もスムーズにできるでしょう。

楽しいライブ配信(LIVE)を提供できることはお金を稼ぐことにもつながるので、大変おすすめです。

TikTok(ティックトック)の代わりにおすすめのライブ配信(LIVE)

ティックトッカーもさまざまなライブ配信(LIVE)サービスを利用して収益を得ています。

中でもおすすめしたいのが17Live(イチナナ)でしょう。17Live(イチナナ)は、夢を叶えるライバーのためのライブ配信(LIVE)サービスです。

個性的なコンテンツやファンが欲しい人のためのサービスで、同時に稼げるのが特徴です。

運営体制もしっかりしているのも大きな魅力でしょう。

ライブ配信(LIVE)でありがちないつの間にかアダルトコンテンツ化してしまったというサービスとは違い、取り締まりも厳しいです。

厳重な監視によってライブ配信内の風紀を維持できますので、長期的なファンの獲得にも役立ちます。

17Live(イチナナ)もアプリをダウンロードしてすぐにライブ配信を開始できます。

TikTok(ティックトック)同様専門知識不要で、編集効果の高い動画配信を始められます。

特に有名人を目指したいティックトッカーにとって、こんなに最適な環境のライブ配信(LIVE)はありません。

TikTok(ティックトック)で有名になりながら、17Live(イチナナ)で稼げますよ。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)を分かりやすく解説まとめ

日本のTikTok(ティックトック)にはライブ配信(LIVE)がありません。

中国のTikTok(ティックトック)のサービスの一環としてライブ配信(LIVE)があるものの、動画配信メインで運営するのがTikTok(ティックトック)の意向です。

いずれ日本のTikTok(ティックトック)でライブ配信(LIVE)サービスが開始するのかは不明確でしょう。

もしライブ配信を始めるのなら、運営体制がきちんとしている17Live(イチナナ)をおすすめします。