LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

世界中でユーザー数を飛躍的に伸ばしている動画配信アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)では、あらかじめ撮影した動画を投稿するというスタイルが主流でしたが、2020年よりTikTok(ティックトック)でもリアルタイムでのライブ配信(LIVE)が楽しめるようになっています。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)の視聴方法や配信の条件などについて詳しく調べてみました。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)とは?

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)とは、TikTok(ティックトック)が2020年7月31日よりスタートさせたライブ配信ストリーミングサービスのことを指します。

一般のTikTok(ティックトック)の動画投稿は事前に撮影や動画の加工を行った上で、TikTok(ティックトック)上に動画を投稿していきますよね。

しかしTikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)は、リアルタイムで撮影している動画がライブ配信されるというものです。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)は、撮影しているものをそのまま配信することも可能ですが、通常の動画投稿のようにある程度、動画に加工を加えながら配信することもできるようになっています。

さらにライブ配信(LIVE)中は、リアルタイムでのコメントやいいねが送れるようになっており、ライブ配信者との距離が通常の投稿動画よりも近いというのが大きな特徴です。

そしてTikTok(ティックトック)の新たな機能としてTikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)には「投げ銭」システムが実装されました。

動画視聴者がギフトと呼ばれる課金アイテムをライブ配信者に贈ることで、課金アイテムの価格の一部がライブ配信者の収入となる仕組みです。

これまで直接的なマネタイズの方法がなかったTikTok(ティックトック)では、ライブ配信(LIVE)が始まったことによって、投げ銭で稼ぐティックトッカーも登場するようになりました。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)の見方

それでは実際にTikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)の具体的な視聴の仕方についてみていきましょう。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)は、レコメンドに表示されている配信中のライブ一覧をタップすることで視聴が可能です。

自分がフォローしているTikTok(ティックトック)ユーザーがライブ配信(LIVE)を行っている場合には、レコメンド上部に赤系のマルで囲われたTikTok(ティックトック)ユーザーのアイコンが表示されるでしょう。

アイコンをタップするとライブ配信(LIVE)画面に入室でき、ライブ配信(LIVE)を楽しむことができるようになります。

さらに自分がフォローしていないユーザーのライブ配信(LIVE)を視聴したいという場合にはTikTok(ティックトック)のメッセージ画面上部にある「トップLIVE」をタップすることで、現在配信中のライブ動画一覧が表示されるでしょう。

その中から自分が視聴したいライブ配信(LIVE)をタップすることで、ライブ配信画面に入室することができます。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)を視聴すると、ライブ動画配信者に入室が通知される

TikTok(ティックトック)には足跡機能がありませんので、通常の配信されている動画を視聴しただけでは、自分がその動画を視聴したことがバレることはありません。

しかしライブ配信(LIVE)の場合には、ライブ配信(LIVE)を視聴し始めると「〇〇(アカウント名)さんが入室しました」というお知らせが通知されます。

実質の足跡のようなものがついてしまうので、ライブ配信(LIVE)を視聴したいユーザーに視聴していることがバレたくないという人は視聴を控えるのがおすすめです。

2021年7月現在のところ、TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)にて入室通知がされないようにする機能はありません。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)を他のSNSでシェアすることも可能

TikTok(ティックトック)で自分のライブ配信(LIVE)やおすすめユーザーのライブ配信(LIVE)を他のSNSにてシェアすることも可能です。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)をシェアする場合には、ライブ配信中の画面下部に表示されるシェアボタンをタップして、シェアするSNSを選択してください。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)を行う条件

TikTok(ティックトック)でライブ配信(LIVE)をこれからやってみたいという人もいるでしょう。

しかしTikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)は、TikTok(ティックトック)のアカウント登録者全員が行えるものではありません。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)は、以下の2つの条件を満たした人のみが配信できるようになっています。

  • 年齢が16歳以上であること
  • TikTok(ティックトック)側が定めた規定を満たしていること(ただし規定は非公開)

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)を行うためには、TikTok(ティックトック)側が定めた一定の条件を満たす必要がありますが、その条件は年齢以外は非公開のようです。

しかし2021年に入り、ライブ配信(LIVE)の条件が下がったというクチコミも多くなっています。

クチコミや評判をみていると、だいたいフォロワー数1000人を超えたくらいからライブ配信ができるアイコンが表示されるようになったという口コミが多いようです。

フォロワー数以外にも条件がある可能性は高いのですが、TikTok(ティックトック)でライブ配信(LIVE)をやってみたいという人は、まずはフォロワー1000人を目指してみるのがよいでしょう。

TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)を分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)のライブ配信(LIVE)の視聴方法や配信の条件などについて詳しく調べてみました。

TikTok(ティックトック)では2020年から一般の動画投稿に加えて、ストリーミングサービスであるライブ配信(LIVE)がスタートしています。

これまでにない動画配信者と視聴者とのコミュニケーションなども楽しめるようになっていますので、ぜひ利用してみてくださいね。