LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

インターネット上で音楽を利用するとき、著作権が関係してきます。

ではTikTok(ティックトック)でのBGMの利用方法や著作権はどのようになっているのでしょうか。

音楽やBGMはTikTok(ティックトック)で欠かせない要素ですので、確実に把握しておきたいところです。

いろいろと細かな決まりごとがありますので、きちんと覚えておきましょう。

こちらの記事ではTikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法や著作権についてご紹介します。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)では著作権に触れずに音楽やBGMを使える?

TikTok(ティックトック)では著作権を侵害せずに音楽やBGMを使えます。

本来、日本国内での音楽の使用は著作権管理団体「JASRAC」が管理しています。

本来であれば音楽やBGMを使用するたびにJASRACに申請しなければなりません。

しかしTikTok(ティックトック)はJASRACと利用許諾契約を締結しており、サイト内で管理楽曲を自由にアップロードできます。

TikTok(ティックトック)を含む、JASRACと利用許諾契約を締結しているインターネットサービスは、JASRACの「利用許諾契約を締結しているUGCサービスリストの公表について」で公開されています。

洋楽から流行りの人気曲をはじめ、TikTok(ティックトック)ではおなじみのチャレンジ曲や「ぴょんぴょんダンス」などもカバーされていますよ。

他社のサービスを利用する前に、ぜひこちらで確認してみましょう。

参考URL:https://www.jasrac.or.jp/info/network/ugc.html

市販のCDやダウンロードサイトで購入した音楽は著作権に反してしまう

あくまでも著作権侵害にならないのは、TikTok(ティックトック)の「動画を撮影」→「楽曲を選ぶ」のページに掲載されている音楽に限るのでご注意ください。

たとえばTikTok(ティックトック)サイト内で用意されている楽曲と同じだったとしても、市販のCDやダウンロードサイトで購入した音楽、ランキングサイト、YouTubeなどで入手した音楽をTikTok(ティックトック)の配信で使用してはいけません。無料の曲も同じです。

もし市販のCDやダウンロードサイトなどで購入した音楽をTikTok(ティックトック)で使用する場合は、レコード会社で許可を取得する必要があります。

TikTok(ティックトック)ではカラオケの音源の使用は著作権違反に

カラオケボックスやカラオケアプリの使用も、著作権違反になってしまいます。

カラオケ音源を作成した会社に権利がありますのでTikTok(ティックトック)で使用する場合は、カラオケやアプリの制作会社へ許可を取らなければなりません。

CDと同じく現実的ではありませんので、許可を取るのは難しいと言えるでしょう。

アーティストの曲をアカペラで歌う、楽器で演奏する場合は著作権違反?

TikTok(ティックトック)でアーティストの曲をアカペラで歌う、自分で楽器を演奏する場合は、JASRACで許可されていればOKです。

歌詞も著作権の対象です。万が一、JASRACに登録されていない場合、無断で使用すると著作権違反になってしまいます。

まずはTikTok(ティックトック)内の「楽曲を選ぶ」でJASRACに登録されているのかを確認してください。

ちなみに自分で作成したまったくのオリジナルソングの場合は、TikTok(ティックトック)で使用しても問題ありません。

実際はTikTok(ティックトック)で著作権違反が見受けられるのが実情…

TikTok(ティックトック)の著作権違反について紹介してきましたが、実際は権利侵害しているユーザーが多いのも実情です。

運営側も取り締まるのではなく、無法状態になってしまっているのが現状でしょう。

それを許せないTikTok(ティックトック)反対派も、口コミで著作権侵害を訴えています。

現在の法律ではレコード会社やカラオケの音源制作会社など被害者本人でなければ違法を訴えることはできませんが、いずれは第三者でも可能になる時代がやってきます。

やはりそのようなときに備えてきちんと著作権に対応できるサービスであってほしいのは、TikTok(ティックトック)ユーザーやTikTok(ティックトック)賛成派の方々の願いではないでしょうか。ぜひ著作権は守るようにしましょう。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説まとめ

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法について著作権を中心にまとめました。

せっかく利用するのならきちんと著作権を守って音楽やBGMを利用しましょう。

アプリ内に用意されている楽曲はJUSRACで許可されているため問題なく使えます。

よって違法にならないためにも極力管理曲の利用をおすすめします。

TikTok(ティックトック)に対して悪いイメージを持っている方もいますので、少しでも長く運営されるサービスであるよう、ユーザーひとりひとりが心がけて利用するようにしましょう。