LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

音楽に合わせたダンス動画などが多数投稿されている動画配信アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)を使ってこれから動画を投稿したいと考えている人の中には、TikTok(ティックトック)で利用する音楽やBGMの著作権などに関して詳しく知りたいという人もいるでしょう。

しかしTikTok(ティックトック)では、音楽やBGMの利用が原因で動画が削除されてしまったり、アカウントBANなどのトラブルに巻き込まれることもあるようです。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法 TikTok(ティックトック)で音楽やBGMを一番シンプルに安全に利用する方法

TikTok(ティックトック)といえば音楽やBGMに合わせたダンス動画や口パク動画などが人気のカテゴリとなっており、実際にこれから音楽やBGMを利用した動画を投稿したいという人も多いでしょう。

しかしクチコミなどをみていると、著作権の侵害などにより音楽やBGMを使ったTikTok(ティックトック)動画が削除されてしまったというユーザーも少なくありません。

TikTok(ティックトック)で投稿動画の削除やアカウントBANを回避してうまく音楽やBGMを使っていくには、著作権についてしっかり学んでおく必要があります。

ただし「著作権はなんだか難しそう...」と感じる人も多いでしょう。

TikTok(ティックトック)でできるだけシンプルに動画の削除やアカウントBANを避けて音楽やBGMを使いたいのであれば、TikTok(ティックトック)側が提供している音楽やBGMのみを利用していくのがおすすめです。

TikTok(ティックトック)側が提供している音楽やBGMとは、TikTok(ティックトック)の動画撮影画面の上部に出てくる「楽曲を選ぶ」のボタンをタップすると表示される楽曲一覧のことになります。

TikTok(ティックトック)から提供されている楽曲一覧のみを使っていくというのが一番安全にTikTok(ティックトック)を利用する方法になるでしょう。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法 より多くの音楽やBGMを使いたいのであれば著作権について学んでいこう

TikTok(ティックトック)側が提供している音楽やBGM以外にも、自分で演奏した音楽を投稿したり「歌ってみた」をやりたいという人もいますよね。

自分で歌ったり演奏している動画を投稿したいという人の場合には、TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの著作権について詳しく学んでおくのがおすすめです。

そもそもTikTok(ティックトック)はJASRAC(日本音楽著作権協会)とコンテンツに関するパートナーシップを結んでいます。

コンテンツに関するパートナーシップとは、具体的に「UGCサービスの利用」というものを指しており、簡単に行ってしまえば「JASRAC(日本音楽著作権協会)に登録している音楽は自由に使っていいよ」という契約です。

JASRACではメジャーな日本の楽曲や海外のメジャーな楽曲などが登録されているので、有名な音楽やBGMであれば、TikTok(ティックトック)ではほとんどが利用できると考えて良いでしょう。

JASRACに登録されている楽曲であるかどうかを調べる場合には、JASRACの公式サイトより作品の検索が行えるようになっていますので、利用する前にJASRACに登録されている音楽かどうかを確認してみるのがおすすめです。

TikTok(ティックトック)でJASRAC(日本音楽著作権協会)に登録されている音楽やBGMを利用するときの注意点

JASRACとパートナーシップを結んでいるTikTok(ティックトック)ですが、実はJASRACに登録されている音楽やBGMでも完全に自由に利用することができるわけではありません。

実は音楽やBGM自体に「著作権」以外にも複数の権利が存在するため、著作権に触れていなかったとしても他の権利に触れてしまいTikTok(ティックトック)で投稿を削除されたりアカウントBANされる可能性もあるのです。

代表的なのが、JASRACに登録されている音楽やBGMのCD音源をそのままTikTok(ティックトック)の投稿動画で流してしまうというパターンでしょう。

音楽やBGMのオリジナル音源をそのまま利用してTikTok(ティックトック)に投稿するという行為は「原盤権」という権利を侵害する行為にあたります。

またカラオケボックスなどでカラオケ楽曲をそのまま利用するという行為も「原盤権」を侵害する行為にあたるので違反行為となるでしょう。

よってJASRACに登録されている楽曲を外部から導入してTikTok(ティックトック)上で利用したいという場合には、自分で演奏した音楽やBGMを流すか、フリーの音楽を探して流すという方法を利用する必要があります。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGM付きの動画を他のSNSなどにアップすると音楽だけ消える可能性もあり

TikTok(ティックトック)で提供している音楽やBGMを利用したお気に入り動画を、YoutubeやTwitterなど他のSNSにアップしたり、ダウンロードして自分のスマホに保存しておきたいという人もいますよね。

しかしTikTok(ティックトック)が提供している音楽やBGM付きの動画を外部にダウンロードすると、音楽やBGMだけ消えてしまうということもあるようです。

これはTikTok(ティックトック)から動画をダウンロードすることによって、利用されている音楽やBGMがTikTok(ティックトック)が提携しているJASRACの契約外の利用となってしまうため、音楽だけが消えてしまうという現象がおきます。

TikTok(ティックトック)の音楽付き動画をダウンロードする際には、音楽が消える可能性があるということを事前に確認しておきましょう。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)で投稿した動画の強制削除やアカウントBANを避けて安全に利用するためにも、音楽やBGMの取り扱いについてはしっかり確認しておくのがおすすめです。

特にカバー曲などを演奏したり歌ったりする人などは、しっかり学んでおくことでトラブルを回避しやすくなるでしょう。