LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

15秒から60秒というショートムービーを作成して投稿できるTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)は、動画投稿のハードルの低さから10代20代の若年層を中心に人気を博している動画系SNSです。

しかしTikTok(ティックトック)で動画を投稿するのであれば、音楽やBGMを利用した動画投稿を行いたいという人もおおいでしょう。

TikTok(ティックトック)動画で音楽やBGMを利用する場合、著作権などの具体的な注意点はあるのでしょうか。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法はTikTok(ティックトック)側が提供しているものであれば自由に利用できる!

これからTikTok(ティックトック)を利用したい人や、すでにTikTok(ティックトック)の動画投稿を楽しんでいるという人の中には、自分の好きな音楽をBGMにしたり、「踊ってみた」などのパフォーマンスをしてみたい人も多いでしょう。

しかし自分がTikTok(ティックトック)で利用したい音楽がTikTok(ティックトック)で著作権侵害にあたらないのかや、利用してよいのかどうか詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか。

口コミなどで、SNS動画などで利用できる音楽やBGMについて調べてみましたが、利用するSNSによっても使える音楽やBGMは異なっているようです。

さらにオリジナル音源の使用・コピー(歌ってみたなど)・サンプリングなどで一部のみ利用など、音楽やBGMの使い方によっても著作権を侵害しないかどうかは変化していきます。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの使用について調べてみたところ、TikTok(ティックトック)は、JASRAC(日本音楽著作権協会)とコンテンツに関するパートナーシップを結んでいるようです。

つまりTikTok(ティックトック)はJASRACと音楽を共有できるUGCサービスを締結しているため、TikTok(ティックトック)ユーザーは基本的に自由に音楽を利用することができます。

ただしこのUGCサービスを締結しているからといって、全ての音楽が自由に利用できるという訳でもありません。

次項より具体的な音楽やBGMの利用方法についてみていきましょう。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法はCD音源そのままなどは利用できないので注意!

TikTok(ティックトック)はJASRACとのパートナーシップを結んでいることもあり、自由に好きな音楽やBGMを利用できると考えている人も多くなっています。

しかし実際にはTikTok(ティックトック)の音楽やBGMを使用するための条件は、もっと複雑です。

たとえばオリジナルのCD音源をそのままTikTok(ティックトック)で利用するという行為は「原盤権」という著作権とは異なる権利を侵害することになってしまうため禁止です。

またカラオケ音源などを利用して歌うという行為も、カラオケ音源自体がこの原盤権を侵害する可能性があるので利用しない方がよいでしょう。

そのため利用したい楽曲が、自分の好きな音楽の音源を自分で作った上で、自分で歌ったものなどであれば利用を禁止されることはありません。

元々の音楽やBGMとして存在していたものでも、いちから自分で作り直して投稿する分にはOKということになるでしょう。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法はTikTok(ティックトック)側から利用されているものを使うのが安全

このようにTikTok(ティックトック)で音楽やBGMを利用することには、細かいルールなどが存在します。

そのためTikTok(ティックトック)の投稿で、TikTok(ティックトック)外部から持ってきた音楽やBGMを利用する際には、著作権の他にも原盤権などを侵害していないかを確認する必要があるでしょう。

またTikTok(ティックトック)はJASRACと音楽を共有できるUGCサービスを締結しているため、利用できる音楽の幅も広いのですが、他の動画投稿サービスやSNSなどは、その運営アプリやサービスごとに音楽やBGMの利用規制が異なります。

他のSNSなどでOKだったものがTikTok(ティックトック)では、違反行為とみなされる場合もありますので、TikTok(ティックトック)を利用する際にはTikTok(ティックトック)の音楽やBGMに関する利用規約を確認していくのが重要です。

またTikTok(ティックトック)の禁止行為に触れてしまうのが心配という人は、とにかくTikTok(ティックトック)から提供されている音楽やBGMのみを利用していくのがよいでしょう。

万が一、知らないうちにTikTok(ティックトック)で禁止されている音楽やBGMなどを利用した場合、他のTikTok(ティックトック)ユーザーからの通報などにより、TikTok(ティックトック)に利用規約違反がバレる可能性が高くなります。

TikTok(ティックトック)側に利用規約違反と判断されれば、アカウントBANなどのペナルティが課せられる場合もありますので、安全なものを利用していくとよいでしょう。

TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説していきました。

TikTok(ティックトック)ではJASRACと音楽を共有できるUGCサービスを締結しているため、JASRACに登録されている音楽やBGMは基本的に共有することができます。

ただしオリジナルのCD音源をそのまま流すなどは違反行為となりますので、利用規約をよく確認した上で音楽やBGMを利用していきましょう。