LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の事務所を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

世界で20億人以上が利用しているといわれている動画投稿視聴サイトのYouTube(ユーチューブ)。

そんなYouTube(ユーチューブ)の中でも、今最も注目されているのが動画を配信するYouTuber(ユーチューバー)です。

知名度があまりないYouTuber(ユーチューバー)であれば、個人で配信している人も多いのですが、売れっ子や人気YouTuber(ユーチューバー)のほとんどが、現在では事務所に所属して活動を行なっています。

そこで今回は、YouTube(ユーチューブ)の事務所を分かりやすく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の事務所を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の事務所とは?

そもそもYouTube(ユーチューブ)の事務所とは、芸能人が所属する芸能事務所と同じような役割を果たしています。

もともとは「MCN(マルチャンネルネットワーク)」と呼ばれ、複数のYouTube(ユーチューブ)チャンネルを管理する役割がメインでした。

しかし現在では世間一般的に知られるような有名YouTuber(ユーチューバー)も多くなっていることから、芸能事務所のようにYouTuber(ユーチューバー)のマネジメントを行うところが多くなってきたようです。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属しているYouTuber(ユーチューバー)と、個人で配信を行なっているYouTuber(ユーチューバー)との違いには以下のようなものがあります。

  • イベントの開催や運営などを行なってもらえる
  • 企業案件がもらえる
  • ファンサイトや物販の管理をしてもらえる
  • リスク管理やセキュリティ管理をしてもらえる

YouTube(ユーチューブ)の事務所はイベントの開催や運営などを行なってもらえる

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属すると、イベントの開催や企画、運営などを事務所に行なってもらうことが可能です。

もしも事務所に所属せず個人でYouTube(ユーチューブ)をやっていた場合、イベントの開催や企画をしたいと思ったら、企画・運営・開催・出演などを全て自分でこなさなければなりません。

しかし事務所に所属することによって、イベントを開催する際にYouTuber(ユーチューバー)として必要になることは出演のみになります。

そのため、よりイベント出演だけに集中できるようになるのです。

YouTube(ユーチューブ)の事務所は企業案件がもらえる

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属することで、企業案件がもらいやすくなるという特徴もあります。

企業案件とは、企業から依頼された商品などを自分のYouTube(ユーチューブ)動画上で紹介するという行為です。

人気のYouTuber(ユーチューバー)に紹介してもらった商品は、販売促進につながりますので企業側からすると、宣伝広告活動になります。

企業案件を受けると宣伝広告費として企業側からの報酬が入りますので、通常のYouTube(ユーチューブ)の広告収入にプラスして利益があげられるでしょう。

またYouTube(ユーチューブ)の事務所は、企業と強いパイプでつながっているところも多いので、個人で活動するよりも企業案件がもらいやすくなるのです。

YouTube(ユーチューブ)の事務所はファンサイトや物販の管理をしてもらえる

YouTube(ユーチューブ)で登録者数やファン数が増えてくると、ファンサイトを立ち上げたり物販など活動の幅を広げていきたいという人もいますよね。

そしてこのようなファンサイトの運営や物販の販促・管理などを行なってくれるのもYouTube(ユーチューブ)の事務所です。

YouTube(ユーチューブ)の事務所は、所属しているYouTuber(ユーチューバー)の多くの作業の手間を省いて、動画の投稿やキャラクターとしての仕事に集中させてもらえるという特徴があります。

YouTube(ユーチューブ)の事務所はリスク管理やセキュリティ管理をしてもらえる

YouTube(ユーチューブ)で動画を公開している人の中には、突然YouTube(ユーチューブ)チャンネルを削除されたという人もいるようです。

またYouTube(ユーチューブ)に動画投稿をしていると、ファンからの家バレや身バレなどのリスクで危険を感じるという人もいます。

しかしこのようなリスク管理やセキュリティ管理も、YouTube(ユーチューブ)の事務所は所属しているYouTuber(ユーチューバー)に対して行なってくれるのです。

このようにリスクやセキュリティに関する配慮も事務所が行なってくれることで、YouTuber(ユーチューバー)は、動画投稿のみに集中することができるようになります。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属すると収入はどうなるのか

このようにYouTube(ユーチューブ)の事務所に所属すると、YouTuber(ユーチューバー)は動画撮影のみに集中できる環境づくりをしてもらえるようになるでしょう。

また企業案件など、個人では発信できないような案件をもらえたりするメリットもあります。

しかしYouTube(ユーチューブ)の事務所に所属している場合と個人でYouTube(ユーチューブ)を配信している場合では以下のように収入の受け取り方も変わってくるので注意が必要です。

  • YouTube(ユーチューブ)の事務所所属の場合...広告収入発生→事務所→YouTuber(ユーチューバー)
  • 個人の場合...広告収入発生→YouTuber(ユーチューバー)

このようにYouTube(ユーチューブ)での広告収入が発生すると、個人の場合にはその報酬がそのまま自分で受け取ることができます。

しかし事務所に所属する場合には、広告収入から事務所のマージンを差し引いた分が報酬としてYouTuber(ユーチューバー)に与えられるでしょう。

またYouTube(ユーチューブ)の事務所によって給与制や出来高制など、報酬の支払い方法は異なります。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属したければYouTube(ユーチューブ)でバズることが重要

ここまでYouTube(ユーチューブ)の事務所について解説してきましたが、実際にYouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するにはどうすればよいのでしょうか。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属しているYouTuber(ユーチューバー)の多くが、スカウトによって事務所所属となっています。

そのためYouTube(ユーチューブ)の事務所に所属したいのであれば、まずは自分でYouTube(ユーチューブ)チャンネルを作ってバズらせてみるのがよいでしょう。

数多くのバズを生み出すことによってYouTube(ユーチューブ)事務所の目に留まり、スカウトの声がかかる可能性が高くなります。

YouTube(ユーチューブ)の事務所を分かりやすく解説まとめ

今回は、YouTube(ユーチューブ)の事務所を分かりやすく解説してきました。

YouTube(ユーチューブ)の事務所とは、人気YouTuber(ユーチューバー)のマネジメントを行う芸能事務所のようなものを指します。

YouTube(ユーチューブ)で人気者になれば事務所に所属できる可能性もあるので、コンスタントに動画投稿をしてみるとよいでしょう。