LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所とは?入り方や利点を詳しく解説

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181028140558j:plain

YOUTUBE(ユーチューブ)でチャンネル登録者数が増えてきたら事務所に入ったほうがいいのかな、と考える人もいるのではないでしょうか。

今回は、YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所にはどういったところがあるのか、事務所への入り方や事務所へ入る利点などを詳しく解説していきます。

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所とは?入り方や利点を詳しく解説

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所とは芸能事務所のようなもの

テレビタレントが所属事務所の話をするのを聞いたことがない人はいないと思います。

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所もテレビタレントの事務所と同じです。

ユーチューバーが事務所に所属すると、事務所が持つ企業としてのブランドや業界との繋がりなど様々なメリットを活かせるようになります。

人気ユーチューバーになると専任のマネージャーがついて、企業とのお仕事の橋渡しやスケジュール調整をしてくれたりもします。

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所はたくさんある

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所は無数にありますが大手と呼ばれるところは以下の会社です。

  • UUUM
  • GENESIS ONE
  • VAZ
  • NExtstage
  • E-DGE
  • OmO

UUUMはユーチューバーといえばこの人とも言える、はじめしゃちょーさんやヒカキンさんなどが所属している事務所です。

また、OmOは吉本興業が母体の事務所です。このように近年はすでテレビタレントをマネジメントしている芸能事務所がYOUTUBE(ユーチューブ)の事務所を始めるケースも少なくありません。

これは一部でしかなく、小さな事務所も含めると本当に多くの事務所があります。

テレビや雑誌など他のメディアとYOUTUBE(ユーチューブ)の垣根が低くなっている昨今、まだまだ事務所の数は増えてくることでしょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所の種類は1軍と2軍がある場合も

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所はたくさんのユーチューバーをマネジメントするために2軍を集めた事務所を作っていることがあります。

たとえば、大手のUUUMの2軍事務所としてのUUUMネットワークには1,000人以上のユーチューバーが登録しています。

これらの事務所は、プロ野球の2軍のように1軍へあがるトライアウトがあるわけではありません。

しかし、どこにも所属しないよりは事務所に所属したほうが大手事務所の1軍へ上がるチャンスは多くなるはずです。

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所の勢力図

数多くの事務所があるYOUTUBE(ユーチューブ)ですが、いまのところUUUMの一人勝ちの状態です。

他の大手事務所も健闘していますが一歩及んでいません。

ただ、変化の激しいYOUTUBE(ユーチューブ)なので、今後業界全体でどのような動きがあるのかは分かりません。

海外ではYOUTUBE(ユーチューブ)の事務所はあまり一般的ではないのですが、日本のYOUTUBE(ユーチューブ)マーケットが大きくなるにつれて、いずれ外資系の事務所が進出してくるかもしれませんね。

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所の入り方は事務所からのスカウトが基本

大手の事務所では基本的にユーチューバーの募集を行っていません。

チャンネル登録者数の多い人に向けて直接、事務所へ所属しませんかというスカウトが来て事務所へ入るケースがほとんどです。

このように、いきなり大手の事務所に所属するのは難しいのですが、もちろん少しずつステップアップしていく方法はあります。

大手の事務所が2軍事務所を作っているのはさきほどご説明したとおりですが、この2軍事務所は随時募集をしているので、まずは2軍に応募して2軍事務所に所属します。

そこでチャンネル登録者数が順調に伸びれば1軍に昇格できるというわけです。

1万~10万人のチャンネル登録者数がなければ1軍昇格は難しいと言われていますが、スカウト以外の道があると考えれば頑張れますね。

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所に入るのに求人情報をネットで探す方法も

数は少ないですが一般的な求人情報誌などでも事務所が募集をかけていることがあります。

大手の募集はありませんが、事務所とはどういうものなのかという経験を積んだり、大手事務所への転籍の足がかりとして求人情報誌で事務所を探すのも悪くないかもしれません。

ただ、悪質な求人も出ているのでネットや求人情報誌で事務所を探すときは慎重になりましょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所に入る利点はプロモーションの強化

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所に入る利点

事務所に入ると個人ではとうてい実現できないようなプロモーションができるようになるのが大きな利点です。

企業とのコラボレーションやタイアップ、動員数数千人のイベント実施などは一人でできるものではありません。

強力なプロモーションを使えば、さらにチャンネル登録者数が増えていくという好循環が生まれるという利点もあります。

さらに、個人では動画の撮影やトラブルの対処、機材の準備などすべてを一人で行っていたところを、事務所側の人が手伝ってくれることで動画コンテンツ作成の質とスピードも上がるはずです。

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所に入るのはデメリットもある

事務所に入るといいことばかりというわけでもありません。

組織に所属するということはその組織のルールに従う必要が生じるので、事務所に入ったばかりに動画の内容を変えなければいけなくなるというデメリットもあります。

また、自分だけが利益を出せればいいのではなく所属事務所の利益も考えて活動していくことも必要になっていきます。

自由気ままに一人で動画コンテンツを作っていきたいという人にはYOUTUBE(ユーチューブ)の事務所は窮屈に感じるかもしれません。

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所とは?入り方や利点を詳しく解説まとめ

YOUTUBE(ユーチューブ)の事務所はユーチューバー専用の芸能事務所のようなものです。

事務所に入ると大きな利点がありますが、そのかわりに動画の内容に制限がかかったりといったこともあります。

自分がどんな活動をしてきたいのかをよく考えて事務所に入るかどうか検討しましょう。