LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の事務所を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の事務所ってなに?

事務所に所属してYouTube(ユーチューブ)の活動をすることはできるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

個人ではなかなか企業案件をつかむことができない、収益がみこめないという方は、YouTube(ユーチューブ)の事務所に興味をお持ちの方も多いはずです。

ではYouTube(ユーチューブ)の事務所とはどのようなもので、所属するメリットやデメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

YouTube(ユーチューブ)の事務所を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の事務所とは?

YouTube(ユーチューブ)の事務所とは、芸能人が所属する芸能事務所のような役割を果たしていることです。

もともとユーチューバーの事務所は「MCN(マルチャンネルネットワーク)」と呼ばれ、複数のYouTube(ユーチューブ)のチャンネルを管理することがメインでした。

現在、有名なユーチューバーが増え、動画クリエイターとして職業として認知されるようになったことから、YouTube(ユーチューブ)の事務所がマネジメント管理を行うケースが増えてきています。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するメリット

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するメリットは、個人運営では叶えられない魅力があふれています。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するメリットは企業案件が舞い込むため収入アップが期待できる

個人の場合、知名度の高いユーチューバーにならないど企業案件を受けることはできませんが、YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属すると叶えることができます。

企業は、知名度の低い個人のユーチューバーよりも、やはりYouTube(ユーチューブ)事務所に所属する人に依頼するケースは圧倒的に多いです。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属することで、仕事のチャンスが増えることは大きなメリットだと言えるでしょう。

営業活動もYouTube(ユーチューブ)事務所が行うため、個人では叶えられないような大手企業の依頼を受けるチャンスもあります。

もちろん大手企業の案件は、収入が大きいため、収入アップが期待できることも、事務所に所属するメリットです。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するメリットは営業や報酬の交渉などを代行してもらえるため動画制作に集中できる

個人では営業・報酬の交渉などをしなければいけないため、YouTube(ユーチューブ)の動画制作だけに集中できず、作業時間も限られてしまいます。

事務所に所属すると、営業や報酬交渉などをYouTube(ユーチューブ)に代行してもらえることで、動画制作に時間を使えることは大きなメリットです。

制作に時間をつかえるぶん、クオリティの高い動画にしあげることができるため、成果につながる可能性もあり、収入アップや新規案件の獲得につながりやすくなることは大きなメリットと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するメリットは多い

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するメリットは、この他にもたくさんあります。

他のチャンネルとコラボする企画があるためチャンネル登録数アップにつながりやすくなります。

また企画や運営、法律や税金について事務所に相談できることや、万が一アカBANにあったときのサポートを受けられることも、YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するメリットです。

ユーチューバーとして活動していくとファンがつきますが、事務所に所属するとファンサイトの物販や運営などをYouTube(ユーチューブ)にまかせられるため動画制作に時間を費やせます。

またファンレターやプレゼントを受け取るための専用住所を利用できるため、セキュリティ面も安心です。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属することで、諸作業をスタッフに任せられるため、動画制作の時間を大幅に確保できることは大きなメリットです。

また運営・法律・税金などを相談でき、セキュリティの高い環境で活動できることから安心して動画制作に取り組めることも、YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するメリットだと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の事務所の入り方 求人やスカウトについて

YouTube(ユーチューブ)の事務所の入り方は、事務所からの求人情報も出ていますので応募しましょう。

タイミングによっては大手事務所からの求人も出ていますのでこまめにチェックすることをおすすめします。

当然事務所の入り方として、YouTube(ユーチューブ)の審査を通過して採用された場合に限り、所属することができます。

ユーチューバーの事務所の入り方はもうひとつ、YouTube(ユーチューブ)からスカウトを受ける方法があります。

チャンネル登録者数と公開されているコンテンツのクオリティですので、スカウトを受けたい方は日頃から質の高い動画制作を行うようにつとめてください。

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するデメリット

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するデメリットは、やはり中間マージンが発生することでしょう。

マネジメント料金が発生するため、アドセンス収益をそのまま自分の報酬にすることはできません。

ただし事務所に所属するメリットとして企業案件を受けられることや収入アップにつながりやすいため、知名度の低い間はデメリットの方が少ないと考えた方がよいのかもしれません。

またYouTube(ユーチューブ)の事務所の向こうにいるのは人間ですので、やはりトラブルにつながる可能性があることはデメリットでしょう。

たとえば事務所に所属すると、より法律を意識して運営を行うため、動画の表現が狭くなる、口出しされる可能性があることなどです。

個人でも意識すべきYouTube(ユーチューブ)投稿に関する利用規約はありますが、事務所の方針に則った動画を制作しなければいけないため、自由度が下がってしまうことは大きなデメリットかもしれません。

YouTube(ユーチューブ)の事務所を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)の事務所に所属するメリットは、企業案件を受けられ収入アップにつながる、登録チャンネル数のアップにつながる、営業活動をしなくてもよいなどのメリットがあります。

ただ自由にYouTube(ユーチューブ)の動画制作をしたい方にとっては、事務所のルールがきゅうくつに感じてしまうケースも少なくないため、大きなデメリットだと言えるでしょう。

もちろん事務所にマネジメント料を支払う必要があるため、収入が減ってしまうことはデメリットです。