LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違いを分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

世界中でユーザー数を増やしている動画配信アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)をこれから始めてみたいという人の中には、TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違いについて詳しく知りたいという人もいるでしょう。

どちらも動画の投稿や試聴が行えるサービスではありますが、TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)にはどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違いを分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違いを分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違い 尺の長さ

TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違いの中で、一番の特徴となっているのが1つの動画に対する尺の長さです。

TikTok(ティックトック)では基本的に1つの動画の尺の長さが15秒から60秒というかなり短い尺に設定されています。

これに対してYOUTUBE(ユーチューブ)の動画は数秒の尺というものが少なく、基本的に数分から1時間以上というものも多くなっています。

現在ではYOUTUBE(ユーチューブ)にもTikTok(ティックトック)のようなサービスであるYOUTUBE(ユーチューブ)SHORTSという尺の短い動画を専用に扱うプラットフォームも登場しているようです。

またTikTok(ティックトック)側も5分の動画が投稿できるようになるなど、尺の長さの決定的な違いはどんどん薄まっています。

そのため現在では尺の長さも決定的に違うわけではありませんが、もともとは1本の動画の尺の長さが全く異なるというのが大きな特徴になっていました。

1本の動画の尺の長さが違うので、YOUTUBE(ユーチューブ)はパソコンなど大きな画面でじっくり視聴する人が多く、TikTok(ティックトック)はスマホなどの小さな画面で視聴するという人が多くなっています。

TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違い コンテンツ

TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違いとして尺の長さがありますが、尺の長さに合わせてコンテンツ(内容)もかなり変わってくるというのも特徴です。

TikTok(ティックトック)では数十秒という動画が主戦場になっていますので、TikTok(ティックトック)動画では詳細な内容を伝えにくいという特徴があります。

しかしTikTok(ティックトック)では数十秒単位での大まかな印象(イメージ)などを伝えることに特化しており、逆にいえば大きなインパクトの短い動画で勝負するというコンテンツ作りが必要になってくるでしょう。

対するYOUTUBE(ユーチューブ)では、尺に制限がないので動画の中で詳細な内容を伝えることができます。

このためTikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の両方を利用しているというユーザーの場合、TikTok(ティックトック)のイメージ動画で集客して、YOUTUBE(ユーチューブ)をメインのコンテンツ提供の場所とする人も多いようです。

また両方を利用しているユーザーの中には、TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)で全く関連のないコンテンツをそれぞれ提供しているという人もいます。

TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違い メインで取り扱われるマネタイズ方法

TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違いとして尺の長さや動画の内容の違いなどがあり、最終的にはマネタイズ方法なども違っています。

YOUTUBE(ユーチューブ)といえば、動画の再生中に挟まれる広告によって広告主からの報酬がメインのマネタイズ方法です。

一方TikTok(ティックトック)では、動画やLIVE配信などで贈答されるギフトと呼ばれる投げ銭システムがメインのマネタイズ方法になっています。

YOUTUBE(ユーチューブ)は広告主からの報酬なのに対し、TikTok(ティックトック)は動画視聴者からの報酬が主なマネタイズ方法だっといえるでしょう。

ただしそれぞれのマネタイズ方法も、徐々に境目があいまいになっており、YOUTUBE(ユーチューブ)でもライブ配信サービスの中で投げ銭システムを採用するようになりました。

一方でTikTok(ティックトック)も今後は動画再生中に広告を挟むYOUTUBE(ユーチューブ)のような広告報酬型も採用予定です。

それぞれ動画の尺の違いがあるので全く同じような収益にはなりませんが、TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)では、徐々にマネタイズ方法も似ていたり多様になっている印象があります。

TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違いを分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)の違いを分かりやすく解説してきました。

TikTok(ティックトック)とYOUTUBE(ユーチューブ)は同じ動画配信サービスですが、それぞれが全く異なる特徴を持っています。

最近では、それぞれの特徴を自社サービスに取り込んでいるので、境目が曖昧になりつつありますが、まだまだ使い勝手などにも違いがあるようです。

それぞれの違いをしっかり理解して、目的に合わせた使い分けをしていきましょう。