LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方を徹底解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

TikTok(ティックトック)で動画の配信を楽しんでいる人の中には、TikTok(ティックトック)を使って稼いで生きいたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

TikTok(ティックトック)のような世界的なSNSの中には、マネタイズする方法が実装されているものも多いので、ある程度フォロワーや自分のファンがいる人であれば、比較的簡単にマネタイズができるようになってきました。

有名SNSアプリの中で、唯一稼ぐ方法がないといわれてきたTikTok(ティックトック)ですが、2021年現在TikTok(ティックトック)を使った稼ぎ方はあるのでしょうか。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方を徹底解説していきます。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方を徹底解説

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方 TikTok(ティックトック)のライブ配信で稼ぐ

これまで「稼ぐ方法・稼ぎ方・マネタイズ方法がない」といわれていたTikTok(ティックトック)ですが、実際にTikTok(ティックトック)自体に直接マネタイズする機能などはありませんでした。

しかし2020年より導入されたTikTok(ティックトック)ライブ配信による投げ銭機能を使うことで、TikTok(ティックトック)アプリのみで直接稼ぐ方法が登場したのです。

TikTok(ティックトック)の投げ銭機能を使った稼ぐ方法としては、通常の動画投稿ではなくライブ配信を活用していくことになります。

TikTok(ティックトック)の投げ銭のシステムとしては、配信を見てくれたリスナー(視聴者)がライブ配信中にギフティングという行為を行うことによって、ライブ配信を行なっているユーザーに投げ銭が入るというシステムです。

ギフティングのやり方としては、まずはリスナーがTikTok(ティックトック)上でライブ動画配信者に送るためのバーチャルギフトを購入するための課金を行います。

そしてその課金で購入できる範囲でライブ配信者に送るギフトを選択し、ライブ配信者に購入したギフトをプレゼントするという形になるでしょう。

TikTok(ティックトック)のライブ配信を視聴しているリスナーにギフティング(投げ銭)してもらうためには、ライブ動画の配信が面白いことや、配信者自体を面白いと思ってもらえること、応援したいと思ってもらえることなどが条件となります。

そのためフォロワーが多いTikTok(ティックトック)内の人気者の方が、TikTok(ティックトック)のライブ配信では稼げる確率が高くなるといえるでしょう。

またリスナーから送られてくるギフト(投げ銭)に関しても豊富な種類があり、数百円のギフトから数万円のギフトまで揃っています。

TikTok(ティックトック)上で熱心なファンが増えてくると、高額なギフティングをもらえる可能性もありますので、ある程度まとまった金額を稼げる手段になる可能性もあるでしょう。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方 TikTok(ティックトック)と他のSNSを掛け合わせて稼ぐ

2021年現在のところ、TikTok(ティックトック)で直接稼ぐ方法・稼ぎ方はライブ配信による投げ銭システムのみとなっています。

しかしTikTok(ティックトック)と他のマネタイズできるSNSとを掛け合わせることで、稼ぐ方法・稼ぎ方の選択肢は一気にひろがるでしょう。

たとえばTikTok(ティックトック)とYoutube(ユーチューブ)を掛け合わせて利用し、TikTok(ティックトック)のフォロワーを自分のYoutube(ユーチューブ)チャンネルに誘導したうえで動画を視聴してもらい、広告収入を得るという手段があります。

またTikTok(ティックトック)とInstagram(インスタグラム)を掛け合わせて、物販を行ったりアフィリエイト収入を狙うという稼ぎ方もあるでしょう。

利用するSNSによっても、マネタイズの方法が異なりますので自分のTikTok(ティックトック)アカウントと相性の良さそうなSNSを掛け合わせていくのがおすすめです。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方 企業案件を受けて商品を紹介する

さらにTikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方として、企業案件を受けて企業商品をTikTok(ティックトック)内で紹介するという方法もあります。

TikTok(ティックトック)では多数のフォロワーがいるインフルエンサーなどを対象に、企業から「商品を紹介してもらえないか?」と打診が来ることがあるようです。

TikTok(ティックトック)のインフルエンサーがTikTok(ティックトック)の動画内で商品を紹介することによって商品の宣伝につながり、結果的に商品の販売促進につながるため、商品紹介で報酬を得るという稼ぎ方になります。

TikTok(ティックトック)で企業案件を受けられるようになるためには、基本的には企業からの声がけをまつような形になるので、TikTok(ティックトック)内である程度の影響力があることをアピールできることがポイントになってくるでしょう。

フォロワー数や動画の視聴者数が多ければ企業側の目にも止まりやすくなりますので、TikTok(ティックトック)で多くのファンの取得を目指すのがおすすめです。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方を徹底解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方を徹底解説してきました。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方としては、TikTok(ティックトック)の機能を使って稼ぐ方法や他のSNSと掛け合わせる方法、企業案件を受けて報酬をもらう方法などがあります。

それぞれにメリット・デメリットがありますので、事前にしっかりリサーチを行なった上で、稼ぎ方を選択してみてくださいね。