LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方を徹底解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

世界中で大人気となっている動画配信アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)を使って稼ぐ方法・稼ぎ方を詳しく知りたいという人もいるでしょう。

TikTok(ティックトック)を使ってマネタイズする方法は、現在複数存在するようです。

ここでは、TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方を徹底解説していきます。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方を徹底解説

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方は現在いくつか登場していますが、TikTok(ティックトック)単体で稼ぐ方法と他のメディアなどへの誘導で稼ぐ方法があるようです。

具体的には、以下のような稼ぐ方法・稼ぎ方があります。

  • TikTok(ティックトック)で企業案件を受ける
  • TikTok(ティックトック)ライブで投げ銭を受け取る
  • TikTok(ティックトック)からYoutube(ユーチューブ)への誘導
  • グッズなどの物販やサロンなどのサービス提供

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方 TikTok(ティックトック)で企業案件を受ける

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方として、企業案件を受けて商品やサービスをTikTok(ティックトック)の動画で宣伝するという方法があります。

TikTok(ティックトック)では影響力のあるインフルエンサーなどを対象に、企業が自社の商品を宣伝してほしいという依頼を出すことがあるようです。

そして依頼された商品やサービスをTikTok(ティックトック)上に紹介動画を掲載することで報酬がもらえるという仕組みになっています。

TikTok(ティックトック)の企業案件は自分から企業案件を取得することはできません。

商品を紹介できるTikToker(ティックトッカー)を企業側が探してスカウトするという形になります。

そのため企業案件で稼ぎたいという人は、TikTok(ティックトック)のDMを解放しておくのがよいでしょう。

ただし企業案件は月に1件から2件くらいが平均となっていますので、TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方として単体で生活費レベルを稼ぐことはできません。

TikTok(ティックトック)で企業案件をもらって稼ぐのであれば、他の稼ぎ方と組み合わせていくのがよいでしょう。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方 TikTok(ティックトック)ライブで投げ銭を受け取る

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方の中には、TikTok(ティックトック)でのライブ配信で投げ銭を受け取るという方法もあります。

TikTok(ティックトック)といえば、あらかじめ撮影した動画を投稿するというスタイルが主流ですが、2022年現在ではライブ配信も行えるようになりました。

そしてTikTok(ティックトック)のライブ配信の中では、視聴者(リスナー)による投げ銭を受け取れるようにもなっています。

TikTok(ティックトック)でライブ配信を行い、リスナーからギフティングという名前の投げ銭をもらうと、売上の一部がTikTok(ティックトック)のライブ配信者の収益となるしくみです。

ただしTikTok(ティックトック)ではTikTok(ティックトック)ユーザーの全員がライブ配信を行えるわけではなく、以下のような条件があります。

  • 16歳以上であること
  • フォロワー数がTikTok(ティックトック)が定めている一定基準を満たしていること
  • 配信コンテンツの品質がTikTok(ティックトック)が定めている一定基準を満たしていること

ちなみにフォロワー数やコンテンツの品質に関しては、TikTok(ティックトック)が定めている基準が非公開となっており、どのような基準でライブ配信ができるのか詳しいことは分かりません。

しかしTikTok(ティックトック)で一定量のユーザー数がいるアカウントであれば、ライブ配信できるアカウントも多いのでそれほど難易度の高いユーザー数が求められているわけでもないようです。

TikTok(ティックトック)のライブ配信で投げ銭を使った稼ぐ方法・稼ぎ方はイベントなども頻繁に行われているので、ライブ配信ができる人は積極的に行っていくのもよいでしょう。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方 TikTok(ティックトック)からYoutube(ユーチューブ)への誘導

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方の中で一番主流な方法になっているのが、TikTok(ティックトック)からYoutube(ユーチューブ)への誘導という方法です。

TikTok(ティックトック)は基本的に動画の投稿で直接稼ぐことができなくなっていますが、Youtube(ユーチューブ)へ誘導して広告収入を稼ぐことで収益を得ることができます。

TikTok(ティックトック)からYoutube(ユーチューブ)へ誘導して稼ぐためには、Youtube(ユーチューブ)チャンネルの開設やマネタイズ化などが必要です。

しかし広告収入に関しては、これまで紹介した稼ぐ方法・稼ぎ方よりも圧倒的に稼げる可能性があるので、まとまった収入を得たいという人にはおすすめできます。

TikTok(ティックトック)のインフルエンサーのほとんどは、Youtube(ユーチューブ)に自分のチャンネルをもっており、Youtube(ユーチューブ)の広告収入にて稼いでいるという人が多くなっています。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方 グッズなどの物販やサロンなどのサービス提供

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方の中には、グッズなどの物販やサービス提供によって稼ぐという方法もあるでしょう。

何かを日々制作している作家の方や特定のサービスを提供しているような事業をしている人であれば、TikTok(ティックトック)で宣伝を行いながら稼ぐことができます。

ただし直接的な金銭のやり取りなどに関してはTikTok(ティックトック)には専用の決済機能がありませんので、外部サイトなどへの誘導が必要です。

すでに自分が販売できる商品やサービスがあるという人であれば、TikTok(ティックトック)を自分の宣伝活動に利用しながら稼ぐ方法・稼ぎ方が利用できるでしょう。

TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方を徹底解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)で稼ぐ方法・稼ぎ方を徹底解説してきました。

TikTok(ティックトック)を使って稼ぐ方法・稼ぎ方を知りたいという人の中には、TikTok(ティックトック)で生計を立てていきたいという人もいるでしょう。

TikTok(ティックトック)単体だと稼ぐ方法も制限されがちであまり高収入を稼ぐのは難しくなっていますが、他のサービスと掛け合わせることで大きく稼ぐことも可能です。

自分のやりたいことを考慮しながら、TikTok(ティックトック)での稼ぎ方を検討してみてくださいね。