LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

インスタグラムの埋め込みを分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20201202190930j:plain

インスタグラムの埋め込みとはどのような機能なのかわからない。

インスタグラムの埋め込み機能の使い方を知りたい。

このようにお考えの方もいるのではないでしょうか。

インスタグラムの写真や動画をブログに貼り付けたいけれど、コピーはおろか保存もできない…。

そのようなときに役立つのが、埋め込み機能です。

インスタグラムの埋め込みを分かりやすく解説

インスタグラムの埋め込みとは、その名の通り写真や動画の投稿を外部ブログなどに掲載できる機能です。

ブログなどでインスタ上の写真や動画を紹介できることはもちろん、埋め込み機能でインスタ投稿をシェアできるため、広く拡散できるのも大きなメリットです。

では具体的にインスタグラムの埋め込み機能とはどのようなものなのか、埋め込みの使い方について解説していきます。

インスタグラムの埋め込みとは?

インスタグラムの埋め込みとは、写真や動画のフィード投稿をブログなどに掲載できる機能です。

埋め込み機能で掲載できるのは、写真や動画だけでなく、キャプション(紹介文)も含めた投稿一式を、そのまま外部サイトへ貼り付けることができます。

埋め込み機能は写真や動画を拡散できるだけでなく、ブログに掲載した埋め込み投稿をタップやクリックすることで、投稿者のインスタ上のプロフィールへアクセスでき、フォロワー獲得にもつながります。

写真や動画の投稿に特化したインスタグラムにおいて、埋め込み機能は役立つ機能と言えるでしょう。 ただしインスタグラムの埋め込み機能は、以下の2パターンに限り利用できません。

  • フィード投稿限定で埋め込み可能。ストーリー投稿では利用できない
  • 公開アカウントの投稿に限り埋め込み可能。非公開アカウントの投稿は利用できない

埋め込み機能は「Instagramデータに関するポリシー」にもある通り、公開されている情報であれば他者であっても再シェアできます。

再シェアには埋め込み機能も含まれると考えられるため、基本的には埋め込み機能の利用は自由と考えてよいでしょう。

インスタグラムの埋め込みと著作権について

ただし写真や動画の投稿に特化したインスタグラムでは、特に著作権について注意が必要です。

たとえば埋め込みではなく写真や動画を別メディア等にいったん保存して、埋め込み機能を使わずにそのままネット上や出版物へ掲載する行為は著作権に抵触します。

またソースの改変・著作権や肖像権の無視など、埋め込み機能の引用ルール無視することも禁止しています。

いくら埋め込みを活用できると言っても、投稿された写真や動画の著作権は投稿者本人に帰属することを覚えておきましょう。

中にはインスタ上の投稿を、無断で埋め込み引用されることについて快く感じない方も少なくありません。

投稿者に埋め込み機能の利用許可を取得することや、引用元を記載するなど、最低限のマナーを守るようにしましょう。

インスタグラムの埋め込み機能の使い方

ここからはインスタグラムの埋め込み機能の使い方を解説していきましょう。

埋め込み機能はHTMLソースをコピーして、埋め込み先のブログやサイトへ貼り付けます。

そのため、アプリ版よりもPC版インスタグラムのほうが作業しやすくおすすめです。

基本的に埋め込み機能の使い方はアプリもPC版も変わりませんが、こちらではPC版インスタグラムによる埋め込み機能の使い方を解説します。

インスタグラム埋め込み方法 使い方1:埋め込み先のブログ・サイトを準備してHTML画面を表示する

埋め込み機能の使い方としてまず準備するものは、以下のふたつです。

  • インスタグラムの埋め込み元となる写真・動画のページ
  • 埋め込み先となるブログ・サイト

埋め込み先となるブログやサイトにおいての注意点ですが、HTML入力・編集できるブログやサイトでなければ、インスタグラムの埋め込みは行えません。

HTML編集画面とは、ソースコードを記入できる画面をさし、HTMLによる編集ができないブログサービスも存在します。

ワードプレス・アメブロ・ライブドアブログなどを含め、おそらく多くのブログサービスではHTML編集に対応していますが、一部対応していないサービスもあります。

多くのサービスでは、ブログの記事を書く画面からHTML編集画面へ切り替えられることが考えられますので、HTML画面へアクセスし、開いておきましょう。

インスタグラム埋め込み方法 使い方2:PC版インスタグラムで埋め込みタグを表示する

埋め込み方法の準備の使い方として、まずはPC版インスタグラムへアクセスしログインしましょう。

こちらではGoogle Chromeを使用した使い方を解説します。 ブラウザを起動し画面右上の「機能(縦並び…アイコン)」⇒「その他のツール」⇒「デベロッパーツール」を選択しましょう。

つづいてデベロッパーツールの画面上・右から2番目のアイコンをタップすることで、アプリ版のインスタと変わらない使い方がPC版でもできるようになります。

ここからはインスタグラムの埋め込みタグを表示する使い方をみていきます。

画面右上のプロフィールアイコン⇒「プロフィール」を選択⇒埋め込みしたい投稿を選択します。

埋め込みしたい投稿の「…」アイコン⇒「埋め込み」を選択すると、インスタ投稿の埋め込みタグがポップアップ表示されます。

インスタグラム埋め込み方法 使い方3:埋め込みタグをブログ・サイトへコピペする

ではインスタグラムの埋め込み方法の本題である、タグを埋め込む使い方をみていきます。

まずはインスタグラムの埋め込みで表示されたポップアップの「キャプションを表示」でチェックをオンにすると、投稿時に設定したハッシュタグをそのまま埋め込むことができます。 もし不要であればチェックを外しましょう。

つづいてポップアップの「埋め込みコードをコピー」をクリックし、コピーします。

埋め込み先のブログやサイトのHTML画面で、インスタグラムの埋め込みしたい場所を右クリックし「貼り付け」を選択しましょう。

これでHTML画面から、表示画面またはプレビュー画面へ切り替えて埋め込み内容をチェックしましょう。

正常に完了しているようならこれで埋め込み方法終了です。

インスタグラムの埋め込み機能の使い方の注意点

インスタグラムの埋め込み機能の使い方における注意点は、非公開アカウントでは利用できないことやストーリー投稿では利用できないことの他、以下があげられます。

  • ブログサービスによってはスマホによる埋め込み作業でキャプションが表示されないことがある
  • 埋め込み写真や動画の投稿が削除・アーカイブされるとエラー表示される

ストーリー投稿を埋め込むことはできませんが、ストーリーの写真をいったんカメラロールに保存して、フィード投稿として公開し、埋め込み活用することならできます。

フィード投稿の写真や正方形のため、ストーリーの写真が一部表示されない可能性がありますが、このような活用方法もあることを覚えておくと便利ではないでしょうか。

インスタグラムの埋め込みを分かりやすく解説まとめ

インスタグラムの埋め込み機能は、写真や投稿のシェアに役立つため、覚えておくと便利です。

ただし著作権に抵触しないよう、引用ルールはきちんと守るようにしてください。

また埋め込み機能は、アプリ版インスタグラムよりもPC版のほうが作業しやすいうえ、ブログサービスごとの埋め込み制限が発生しキャプションが表示されない可能性もありおすすめでしょう。

ぜひPC版インスタグラムによる埋め込みをご活用ください。