LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

インスタグラムの埋め込みを分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20201202190930j:plain

インスタグラムの埋め込みってなに?

インスタグラムで埋め込みしたいけれど、やり方がわからない… あなたは今、このようにお考えですよね。

またインスタグラムの写真や動画を自分のブログで紹介したいけれど、コピーや保存できないと頭を抱えている方もいるでしょう。

そのようなときはインスタグラムの埋め込みを活用してみてはいかがでしょうか。

インスタグラムの埋め込みを分かりやすく解説

インスタグラムの埋め込みとは?

インスタグラムの埋め込みとは、フィード投稿の写真や動画を、そのままブログやウェブページに挿入できる機能です。

以下はインスタグラムの埋め込みされた投稿ですが、写真や動画だけでなく、キャプション・ハッシュタグ・閲覧者からのコメントやいいねなどもそのまま引用されます。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まいにち静岡(@every_day_shizuoka)がシェアした投稿

 

インスタグラムの写真や動画はコピーや保存できないため、自分のブログやサイトに掲載したい画像や映像があったとしても使うことはできませんが、埋め込みで対応できます。

埋め込みされる写真や動画の保有ユーザーにもメリットがあり、「View Profile」「View More on Instagram」からインスタのプロフィールへ誘導されるため、シェア効果が期待できます。

インスタグラムの埋め込み方法【パソコン・スマホ共通】

インスタグラムの埋め込み方法をみていきましょう。

  • 手順1.ウェブ版インスタグラムにログインする
  • 手順2.インスタグラムで埋め込みしたい写真や動画の「…」を選択
  • 手順3.メニューから「埋め込み」を選択
  • 手順4.「埋め込みコードをコピー」を選択
  • 手順5.インスタの埋め込みコードを外部ブログやサイトに貼り付けて完了

まず埋め込み機能を利用するためには、ブラウザ版のインスタグラムにログインする必要があります。

PC版インスタグラムか、スマホの場合もウェブ版インスタグラムにアクセスしてログインし、埋め込みしたいインスタの写真や動画を表示をして、投稿の右上にある「…」を選択してください。

埋め込みコードはHTMLで構成されています。 インスタの画面の手順に沿って「埋め込みコードをコピー」をタップするだけで、埋め込みコードであるHTMLソースをコピーできますので、そのまま外部ブログやサイトに貼り付けましょう。

wordpressなどの外部サイトにインスタの埋め込みコードを貼り付ける場合は、HTML編集画面にペーストしてください。

インスタグラムの画像のみを埋め込みする方法

インスタグラムでは、画像のみを埋め込みする方法にも対応しています。

メニューから「埋め込み」を選択後、「キャプションを追加」のチェックをはずして「埋め込みコードをコピー」を選択して、HTMLソースをコピーしてください。

インスタグラムの埋め込み方法の応用編

前項はインスタグラムの埋め込み方法の基本としてHTMLソースを挿入する方法について解説しましたが、別途ツールを活用して応用のきいた使い方もできます。

インスタグラムのAPIを利用する方法

インスタグラムの基本的な埋め込み方法は、単一投稿の表示のみ対応しています。

API(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)を利用すれば、タイムライン投稿の一覧を表示させることができ、応用のきいた使い方ができます。

インスタグラムのAPIはFACEBOOKの開発アカウントを保有していることが利用条件であり、技術的な知識も必要になるため、初心者にはハードルが高いと言えるでしょう。

外部ツールを利用する方法

インスタグラムが公式的に認めている有料の外部ツールを利用することで、埋め込み投稿の一覧表示やデザインのカスタマイズ、ハッシュタグの収集など応用の利いた使い方ができます。

また、本来埋め込みできないストーリーズも表示できます。 ただしストーリーズは埋め込みに対応していないため、写真や動画の所有者に許可を取得する必要がありますのでご注意ください。

基本的に埋め込みの外部ツールは有料ですが、無料で提供するツールもあります。

レスポンシブ対応の外部ツールの埋め込みを利用してみたい場合は、検索エンジンで「インスタグラム 埋め込み レスポンシブ」と検索してみてください。

インスタグラムで埋め込みできないもの

インスタグラムで埋め込みできないものがあります。

  • ストーリーズ
  • 非公開アカウント(鍵アカ)の投稿
  • 商用かつ営利目的でのブログやサイトへの掲載

インスタグラムで埋め込み機能に対応している投稿は、フィードの写真や動画のみです。

ストーリーズは24時間で消えてしまう投稿ですので、インスタグラムの埋め込みはできません。

また非公開アカウント(鍵アカ)の写真や動画も、埋め込みできないです。 鍵アカの写真や動画のメニューには「埋め込み」が表示されないため、埋め込みコードの取得ができません。

また商用利用や営利目的のブログやサイトでは、インスタグラムの埋め込みを利用できないケースがあります。

写真や動画の画像や映像には、個人情報や著作物が写っている可能性があり、無断で使用すると権利を侵害するおそれがあります。

もし商用・営利目的でインスタの埋め込み画像や動画を使いたい場合は、所有者に許可が必要だと心得ておきましょう。

個人の趣味など、営利目的でない場合に限り、インスタグラムの埋め込みは利用可能です。

インスタグラムの埋め込みの注意点

インスタグラムの埋め込みの注意点は、引用元の写真や動画が削除されてしまった場合に消えてしまうことです。

埋め込みの投稿が削除されてしまうと、「写真・動画のリンクに問題があるか、投稿が削除された可能性があります。」と記載されます。

他ユーザーの写真や動画の埋め込みは削除されたタイミングがわからりません。

サイト訪問者からの信頼性を得るためにも、できるだけコンテンツのエラーはなくしたいところですので、インスタグラムの埋め込みを利用した場合は、定期的にチェックすることを心がけておきましょう。

インスタグラムの埋め込みを分かりやすく解説まとめ

インスタグラムの埋め込みは、自分のブログやサイトに他のユーザーの写真や動画を引用して掲載できる機能です。

魅力的な写真や動画が多数公開されているため、埋め込みを活用すればサイトの素材としてビジュアルをよくすることができるでしょう。

埋め込みは写真だけでなく動画もできるため、説得力あるサイト作りにも大いに役立ちます。

インスタの埋め込みは、投稿の所有者にとってもシェア効果を得られますが、埋め込みは基本的に商用・営利目的では利用できないことを覚えておきましょう。