LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の書き方を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20201202190930j:plain

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の書き方はどのようにすればいいの?

フォロワー数を増やすためのプロフィール(自己紹介)の書き方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)は、どのようなユーザーやアカウントなのかを伝える大切なコンテンツです。

「インスタ映え」という言葉通り、センスのよいプロフィール(自己紹介)は注目されやすく、フォロワー獲得につながりやすいと言えるでしょう。

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の書き方を分かりやすく解説

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の書き方は、以下のポイントを押さえることが重要です。

  • インスタアカウントのテーマとユーザーを明確にする
  • 写真はアカウントのイメージが伝わりやすく見栄えのよいものを使う
  • 見栄えを意識しておしゃれなデザインに仕上げる

ではつづいて、インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の書き方について詳しくみていきましょう。

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の書き方はユーザー情報とアカウントのテーマを明確にする

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の書き方は、プロフィールの画像・ユーザーネームと名前・紹介文の3つで意識すべきポイントが異なります。

プロフィール(自己紹介)の画像は高画質でイメージが伝わりやすい写真を

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の顔になる、プロフィールアイコンの画像は高画質でアカウントのイメージが伝わりやすい写真を使うとよいでしょう。

たとえばコスメを試してレポートするインスタアカウントの場合は、コスメと一緒に写っている写真をプロフィールアイコンにするというイメージです。

ユーザーネームは英数字でセンスよく、名前は誰だかわかりやすい書き方がベスト

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)に表示されている、ユーザーネームと名前は区別されています。

ユーザーネームはプロフィールアイコンの上にあるアルファベット・英数字・アンダーバー・ピリオドで構成された文字列です。

見栄えを意識した書き方で個性的かつおしゃれなユーザーネームに仕上げることができます。

インスタグラムのユーザーを識別するユーザーネームは、ユーザー検索で活用されるものであり、同じユーザーネームは存在しません。

コメントはユーザーネームで残ります。

名前は、プロフィールアイコンの下にある、ひらがなや英語などで構成された文字列です。

他のユーザーに呼んでもらいやすくするため、誰であるのかを分かりやすくするために、インスタグラムの名前は活用されます。

自分の名前やハンドルネーム、アカウントのテーマなどを盛り込む書き方で、わかりやすいプロフィールに仕上げることができます。

紹介文の書き方は「ユーザー」とインスタの「テーマ」を明確にする

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の紹介文の書き方のコツは、ユーザー情報とインスタのテーマを明確にすることです。

どのようなユーザーがどのようなテーマでインスタグラムを運用しているアカウントであるのかを明確にする書き方をしましょう。

たとえばインスタアカウントのテーマがグルメの場合、名前やお気に入りレストランや食レポを更新しているアカウントであることを詳しく記入します。

日常のアカウントを運用する場合は、出身地・趣味・世代など、アカウントのテーマによって紹介文の書き方を工夫してみましょう。

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の書き方は「おしゃれ」を意識する

上項ではインスタグラムのプロフィール(自己紹介)の「紹介文」の書き方の内容にスポットを当てて解説しました。

紹介文の内容が明確かつ充実していることは重要ですが、インスタグラムではおしゃれな書き方を意識するとフォロワー獲得につながりやすくなります。

おしゃれを意識するためには、プロフィール(自己紹介)の色やフォントの統一感をもたせることと、絵文字や記号を活用するとよいでそう。

ここではプロフィール(自己紹介)の紹介文で、見栄えやセンスを意識した書き方のテクニックについて詳しくみていきましょう。

プロフィール(自己紹介)に外部サービスのフォントや特殊記号をフル活用する

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)では外部のアプリ・サービスを活用することでデフォルトでは利用できないフォントや特殊記号を使うことができます。

デフォルトでは利用できないフォントを利用することで、インスタグラムのプロフィール(自己紹介)をおしゃれに仕上げることはもちろん、他のユーザーに差をつけることもできます。

もちろんデフォルトの絵文字を利用すれば、カラフルでにぎやかなイメージのプロフィール(自己紹介)に仕上がるため、自分のニーズに沿って上手に活用することをおすすめします。

空白や改行を活用してプロフィール(自己紹介)文のバランスや配置を整える

インスタグラムのプロフィールの(自己紹介)の紹介文の書き方として、空白や改行することで、読みやすくなるだけでなく、洗練された見栄えを実現できます。

改行されていない紹介文は、ビジネスや書籍を意識した固いイメージになりますが、改行や空白を加えるだけで抜け感がありおしゃれ度がアップします。

インスタグラムでは改行で空白行を作ることはできないため、空白行を作りたい場合は、デザインを邪魔しないような絵文字や記号などをひとつだけ挿入するとよいでしょう。 すっきりした紹介文の書き方のテクニックと言えます。

ストーリーハイライトの色味や写真の質感を統一する

インスタグラムのストーリーハイライトの色味や写真の質感の統一感は、プロフィール(自己紹介)のインパクトに大きな影響を与えます。

特にプロフィール(自己紹介)の画面は、写真が大部分を占めるため、写真の質感と余白を統一することで、インスタのプロフィールのイメージをアップさせます。

またストーリーハイライトのアイコンやフレームの色味もプロフィール(自己紹介)のイメージに大きく影響を与えるため、統一感を持たせることをおすすめします。

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の書き方を分かりやすく解説まとめ

インスタグラムのプロフィール(自己紹介)の書き方は、どのようなユーザーがどのようなテーマで運用しているアカウントであるのかを明確にすることが重要です。

プロフィールアイコンをはじめ、ユーザーネームと名前、紹介文は書き方のコツを押さえて記入することが大切と言えるでしょう。

「インスタ映え」を意識するユーザーが多いインスタグラムでは、プロフィール(自己紹介)情報を濃くするだけでなく、おしゃれな書き方をすることが大切ですので、テクニックやコツを意識して見栄えよく作成してください。