LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181112173426j:plain

誰でも気軽に動画配信が始められることで人気のアプリ「17LIVE(イチナナ)」。

そんな17LIVE(イチナナ)でライブ動画の配信を始めてみたいという人の中には、音楽やBGMを流しながら動画の配信をしたい人や「歌ってみた」をやりたい人もいますよね。

17LIVE(イチナナ)で音楽やBGMを利用するのであれば気になってくるのが、著作権についてです。

ここでは、17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説していきます。

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMは特定の範囲内であれば使用OK

17LIVE(イチナナ)でBGMや音楽を流したい、「歌ってみた」をやってみたいという人も多いでしょう。

まず基本的な知識として、第三者が著作権を持っている楽曲を勝手に利用して、ライブ配信アプリでのライブ配信動画内で利用することは禁止されています。

ただし17LIVE(イチナナ)に関しては、一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)と包括契約を結んでいるようです。

そのため一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が管轄している楽曲に関しては、特定のルール内で利用することができるようになっています。

まず17LIVE(イチナナ)で利用したい音楽やBGMが決まったら、一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている楽曲かどうかを確認してきましょう。

一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)は日本国内や海外の一通りの楽曲をカバーしているので、メジャーどころの楽曲であれば登録されているものが多くなっています。

一方で、一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録のない第三者が作った楽曲であれば17LIVE(イチナナ)で利用することはできません。

一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録のないものに関しては、もういちど17LIVE(イチナナ)で利用する音楽・BGMの選び直しを行なっていきましょう。

また一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録がある楽曲であれば、以下の方法で17LIVE(イチナナ)内にて音楽・BGMの利用申請をしてください。

  • 17LIVE(イチナナ)アプリを立ち上げ、メイン画面上部に表示される「注目」タブをタップする
  • 注目のライブ配信の一覧が表示されるなかに、17LIVE(イチナナ)ベイビーのサムネイルで「ライブ配信で使った楽曲を報告」というものを見つけてタップする
  • 「JASRAC楽曲報告」の画面が表示されるので、画面の案内に従って17LIVE(イチナナ)IDまたは氏名を入力する
  • 利用する楽曲のJASRACコードを検索する(リンクをタップすると曲名などからコードの検索が可能)
  • 曲と歌詞の両方を使用するのか、何回使用するのかなど必要事項を入力していく
  • 最後に「次へ」をタップすると申請が完了し、利用申請を行った音楽がライブ配信で使用できるようになる

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMは著作権OKでも使い方次第でNGになる可能性もある

17LIVE(イチナナ)運営は一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)と包括契約を結んでいるため、

基本的に一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている楽曲であれば利用してもOKです。

ただし一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている楽曲でも、使い方次第で17LIVE(イチナナ)でNGとなってしまう場合もあります。

ここでは17LIVE(イチナナ)で一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている音楽を使って、NGになってしまうパターンを見ていきましょう。

17LIVE(イチナナ)で著作権のある音楽をそのままBGMとして利用

まず1つめが、17LIVE(イチナナ)で一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている楽曲をそのままBGMとして利用してしまうパターンです。

また一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている楽曲でダンスパフォーマンスをする場合なども、同じようにNGとなります。

17LIVE(イチナナ)で一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている楽曲の利用は著作権的にはOKでも、楽曲をそのまま利用する場合には「原盤権」という別の権利が発生してしまうためです。

17LIVE(イチナナ)で著作権に問題のない楽曲を利用する場合には、自分で作成したカバー楽曲やフリーで配布されているカバー楽曲など、オリジナル以外のものを利用していく必要があります。

17LIVE(イチナナ)で「歌ってみた」をカラオケボックスの音源で配信

2つめが17LIVE(イチナナ)で一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている楽曲を「歌ってみた」などで、カラオケで歌っている姿をライブ配信するという行為です。

17LIVE(イチナナ)で一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている著作権OKの楽曲は、基本的にオリジナルのカバー曲であればOKではありますが、カラオケの「オケ」にも原盤権が発生しています。

そのためカラオケボックスやカラオケアプリのBGMなどを17LIVE(イチナナ)で流すことはNGです。

カバー曲で「歌ってみた」をやりたい場合には、自分でオリジナルのオケを作成するか、他の人が作ったフリーのオケを利用して歌うようにしてください。

17LIVE(イチナナ)で著作権のある曲をDJ MIXで配信

3つめが17LIVE(イチナナ)で一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録されている楽曲を、DJリミックスなどで流すというものです。

DJ MIXとなっていた場合でも、オリジナル音源には著作権の他に原盤権が発生していますので、利用は控えましょう。

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説まとめ

今回は、17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説していきました。

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMは著作権で守られているものも多いので、無断で利用することはできません。

17LIVE(イチナナ)で第三者の音楽やBGMを利用したいという場合には、まずは一般財団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)に登録があるかどうかを確認した上で、利用申請を行なっていきましょう。

またNGとなる楽曲の利用はせず、自作音源などで対応してください。