LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181112173426j:plain

「17Live(イチナナ)での音楽やBGMの利用方法は、どのようにすればいいの?」「17Live(イチナナ)での音楽やBGMは、著作権と関係しないの?」 あなたは今、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

17Live(イチナナ)の音楽やBGMの著作権について疑問を持ったあなたは大正解です。

実は17Live(イチナナ)でのライブ配信に使用するBGMやカラオケなどの音楽は、使い方を間違えてしまうと著作権に触れてしまう可能性があります。

実は多くの17Live(イチナナ)ライバーさんが、著作権を侵害しているおそれがあるのですよ。

ここでは法に触れぬよう、17Live(イチナナ)のBGMの利用方法や音楽の著作権についてご紹介しましょう。

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMの利用方法で著作権に触れてしまう行為は?

17Live(イチナナ)のライブ配信で多くの方が音楽やBGMを利用していますね。

しかし無意識のうちに著作権を侵害してはいないでしょうか。

実は17Live(イチナナ)を含むライブ配信での音楽の利用方法を誤ると、著作権に触れてしまうおそれがあります。

たとえば以下の行為は、著作権に触れている行為と言えるでしょう。

  • 市販の音楽をJASRACの許可なく17Live(イチナナ)でBGMを流す
  • カラオケボックスでの17Live(イチナナ)ライブ配信
  • カラオケアプリを利用した17Live(イチナナ)ライブ配信
  • 市販の音楽をリミックス・DJする
  • 市販の音楽に合わせてのダンスパフォーマンス…など

まだありますが、17Live(イチナナ)でやってしまいがちな音楽やBGMで著作権に触れてしまう行為は、上の4つではないでしょうか。

17Live(イチナナ)を視聴していると多くのライバーがBGMを使ったり、音楽に合わせてのダンスしたりしています。今一度見直してみましょう。

17LIVE(イチナナ)のBGMで音楽を流すのは著作権に触れる

BGMを17Live(イチナナ)で流すためには、「JASRAC」の許可が必要です。

「JASRAC」は音楽の著作権を管理する団体で、17Live(イチナナ)などでも音楽利用の権利許諾を受けています。

よってJASRACへ音楽使用申請を行い報告すれば、17Live(イチナナ)でBGMを使用できるようになります。

「音楽使用申請」の方法は、以下で詳しくご紹介していきます。

17LIVE(イチナナ)ライブ配信をカラオケボックスやアプリで行うのも著作権侵害に

曲そのものに対する権利は、音楽の著作権を管理する団体「JASRAC」が持っています。

しかし曲を使ってカラオケの音源を作成した場合は、カラオケ音源を作成した会社が権利者となります。

よって17Live(イチナナ)で使用してしまうと、著作権や著作隣接権を侵害したとみなされるので注意しましょう。

もしカラオケボックスやカラオケアプリを制作した会社へ使用許可を取れば、17Live(イチナナ)で使えます。しかし現実的ではありませんよね。

許可を取るのは難しいので、カラオケの音楽を17Live(イチナナ)で使うのはほぼ不可能と思っていた方がいいでしょう。

ちなみに楽器で音楽を演奏したり、アカペラで歌ったりするのは、JASRACの許可を得ていればOKです。

音楽の著作権の境界は際どいので少しわかりにくいですよね。心配な場合は17Live(イチナナ)で確認してみてください。

17LIVE(イチナナ)でリミックス・DJした音楽を配信するのも著作権に反する行為

17Live(イチナナ)で「リミックスすればまったく別の音楽になるし」「音楽をアレンジするだけだし」… そう思うでしょうが、17Live(イチナナ)でライブ配信を行う以上、原曲者に許可を取らなければ著作権に反してしまいます。

音楽を作った人に許可を取ることははっきり言って不可能ですので、17Live(イチナナ)でリミックスした音楽を配信するのはやめましょう。

17LIVE(イチナナ)で市販の音楽に合わせてダンスパフォーマンスする行為や自分で演奏しながら歌う行為

17Live(イチナナ)で市販の音楽に合わせてダンスパフォーマンスしたり、市販の楽曲を自分で演奏しながら歌う行為も著作権・著作隣接権に触れる行為です。

公式17Live(イチナナ)へ問い合わせたところ、JASRACへ申請してください、とのことでした。

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMの利用方法【JASRACへ申請する方法】

17Live(イチナナ)で音楽やBGMを使うときにすべき利用方法をご紹介しましょう。 ライブ配信の際に使った楽曲があったら、申告してください。

歌詞のない音楽を流す、歌詞を朗読する、アカペラで音楽の一部分だけ歌う、などの行為も申告が必要になるので、心得ておきましょう。

1.17Live(イチナナ)アプリを起動し「注目」になっていることを確認。スクロールして「ライブ配信で使った楽曲を報告」をタップ

すると「JASRAC楽曲使用申請」フォームが表示されるので、記入していきましょう。

2.「17IDまたは氏名」を記入、つづいて「JASRAC作品コード」のリンクをタップ

するとJASRAC「作品データベース検索」が表示されるので、17Live(イチナナ)で使用した音楽の作品コードを検索します。

3.「作品タイトル」をタップし、音楽の曲名を入力。「検索」をタップ

すると検索した曲名一覧が表示されます。

4.17Live(イチナナ)で使用した音楽の曲の「作品コード」コピーし、「戻る」ボタンをタップ。「JASRAC楽曲使用申請」フォームの「JASRAC作品コード」欄へ貼り付ける

続いてフォームを作成していきます。

5.「IVT区分」「原詩訳詩区分」「IL区分」をそれぞれ選択、「再生回数」「2曲以上の楽曲を配信で使用」を選択し、「次へ」をタップ

これで17Live(イチナナ)で使った音楽をJASRACへ申告できました。よって著作権に触れず安心してライブ配信を楽しめます。

17LIVE(イチナナ)の音楽やBGMの利用方法と著作権を分かりやすく解説まとめ

17Live(イチナナ)での音楽やBGMの利用方法や著作権についてまとめました。

音楽の著作権の区分は微妙で少しわかりにくいところがあるかもしれません。

もし心配な場合は17Live(イチナナ)や法律の専門家へ問い合わせてみると安心ですね。