LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)ユーザー数・売り上げ・運営会社は?

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む500名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20200110221252j:plain

f:id:webwebweblog:20180715055049j:plain

17LIVE(イチナナ)のユーザー数はどのくらい?

数千万円の報酬を獲得しているユーザーを17LIVE(イチナナ)で抱えているって聞いたけれど、運営の売り上げはどのくらいなの?

17LIVE(イチナナ)の運営会社はどのような企業なの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

17LIVE(イチナナ)は台湾初のライブ配信アプリで、トップシェアを誇るサービスです。

急成長中の17LIVE(イチナナ)におけるユーザー数や売り上げ、運営会社について知りたい方も少なくないのではないでしょうか。

17LIVE(イチナナ)ユーザー数・売り上げ・運営会社は?

17LIVE(イチナナ)は、有名になりたい人のプロデュースやファンづくりに役立つライブ配信アプリです。

ライバーとリスナーがリアルタイムで交流できるのが、17LIVE(イチナナ)の大きな魅力と言えるでしょう。

リスナーを楽しませることができる人ならば一般人でもライブ配信可能で、新規参入者でもはじめやすいのは17LIVE(イチナナ)のメリットと言えます。

もちろん手軽にエンタメを楽しみたい方や、イケメンやかわいい女の子と交流したいリスナーも、趣味やひまつぶしとして利用できるのも17LIVE(イチナナ)のメリットです。

魅力的なサービスを展開する17LIVE(イチナナ)では、どのくらいのユーザー数を抱えているのかが気になる方も多いはずです。

17LIVE(イチナナ)の売り上げや運営会社についても詳しく見ていきましょう。

17LIVE(イチナナ)ユーザー数は全世界4,500万。17,000名以上のライバーが活躍

17LIVE(イチナナ)のユーザー数は、公式サイトにも記載されている通り、全世界で4,500万人を突破しています。

そのうち約17,000人以上の17LIVE(イチナナ)ライバーが活躍し、エンタメの提供を行っています。

ユーザー数の参考になる資料として、2018年11月に公表されたアメリカの調査会社、フロスト&サリバン社の調査結果があります。

フロスト&サリバン社の調査結果によると、すでに17LIVE(イチナナ)は2018年9月にライブ配信アプリの国内ナンバーワンのシェアを占めています。

配信アプリシェアはユーザー数に比例するため、すでに2018年9月に17LIVE(イチナナ)のユーザー数は国内トップにのぼり詰めたと考えられます。

さらに1年後の2019年9月には前年比と比較すると300%の成長を見せ、なんと国内シェアの63.9%という、大幅な数値をはじき出しました。

17LIVE(イチナナ)はライブ配信シェアの半数以上を占めており、国内最大級のユーザー数であることはもちろん、世界のユーザー数もトップであることが明確と言えるでしょう。

プロライバーはもちろん、一般配信ユーザーの新規参入者も多く存在することから、今後も17LIVE(イチナナ)のユーザー数は増え続けると考えられます。

17LIVE(イチナナ)がユーザー数獲得に成功しているのは質の高いエンタメを提供しているから

すたれてしまうライブ配信アプリも少なくない中、17LIVE(イチナナ)のユーザー数が増え続けている理由は、質の高いコンテンツを提供しているからです。

17LIVE(イチナナ)は「エンタメを提供する」「タレントを育成する」というスタンスを維持し続けています。

ライバー育成事業に力を入れ社員の半数以上となる100人以上の育成スタッフを配置しています。

17LIVE(イチナナ)ライバーと著名人とのコラボや企業のイメージモデル活動などを企画し、年間10本以上のイベントを開催し、ユーザー数の確保につとめています。

タイアップ企業も2018年は29社だったものの、2019年には96社に増えました。

有名になりたいライバーにとっては願ってもないチャンスと言えるのではないでしょうか。

ライブ配信などの取り締まりを徹底し、有名になりたいライバーのファン獲得をめざせる環境を提供しつづけていることも、17LIVE(イチナナ)のユーザー数が増え続けている理由と言えるでしょう。

質の高いコンテンツが増え続けているのも、17LIVE(イチナナ)のユーザー数が増え続けている理由と言えます。

2019年にはV-LiverやGAME Liver、そしてVODサービスを採用した17 Live+(イチナナライブプラス)などあらたなカテゴリーを追加し、リスナーを飽きさせないエンタメを展開しつづけています。

大手モバイル市場のデータ調査機関によると、17LIVE(イチナナ)ユーザーひとり当たりの視聴時間は58分と、他社と比較すると倍にのぼります。

17LIVE(イチナナ)が圧倒的なユーザー数を誇るのは、ライバー育成事業とリスナーを飽きさせないコンテンツの提供を継続し続けているからと言えるでしょう。

17LIVE(イチナナ)売り上げはどのくらい?

17LIVE(イチナナ)の運営会社の総本部はM17 Entertainmentグループで、ライブ配信とその他の事業を展開しています。

M17 Entertainmentの運営を支えたのは、まぎれもなくライブ配信事業である17LIVE(イチナナ)のおかげと言えるでしょう。

17LIVE(イチナナ)アプリの運営会社M17 Entertainmentの2016年の売り上げは、日本円で約7.7億円、2017年では90.1億円と約11倍に急成長しています。

2017年で90億円超えということは、さらに売り上げを伸ばした2018年から300%ものシェア上昇を果たしている2019年では、さらに売り上げアップに成功していると言えるでしょう。

17LIVE(イチナナ)の売り上げは、ライバーがリスナーに対して有料ギフトを促し、プレゼントされることで発生します。

ギフトの課金料に応じた一部がライバーの報酬となり、残りは17LIVE(イチナナ)運営の売り上げとなります。

新規参入ライバーの場合は最低約13%、人気ライバーになると50%をライバーの報酬として獲得できます。

残りは17Live(イチナナ)の売り上げとなるのですから、運営は相当な売り上げが見込めると言えるでしょう。

17LIVE(イチナナ)運営会社について

17LIVE(イチナナ)の運営会社は、株式会社17Media Japanです。

東京都港区に事務所をかまえ、Infinity Venture Partnersという日本の老舗ベンチャー企業を主要株主として、17LIVE(イチナナ)の運営事業を行っています。

17LIVE(イチナナ)では、2019年12月に170名の従業員を抱え、従業員の半数以上を占めるおおよそ100人を、17LIVE(イチナナ)ライバー育成のためのライバープロデューサーチームスタッフとして雇用しています。

この結果から、運営会社である17LIVE(イチナナ)がどれだけライブ配信事業に力を入れているのかが、明確であると言えるでしょう。

2017年6月設立したため17LIVE(イチナナ)は歴史は浅い運営会社ですが、ライブ配信をエンタメとして提供できるよう、尽力しています。

17LIVE(イチナナ)は今後どのようなサービスを展開していくのか、ますます期待が持てますね。

17LIVE(イチナナ)ユーザー数・売り上げ・運営会社は?まとめ

17LIVE(イチナナ)は日本国内だけでなく、全世界にユーザーを抱えてたトップシェアを誇るライブ配信アプリです。

全世界のユーザー数は4,500万人を超えていることから、17LIVE(イチナナ)がどれほど人気が高いアプリであるのかを理解できるのではないでしょうか。

17LIVE(イチナナ)は中国圏において一時期ユーザー数や売り上げ低下などが懸念されましたが、日本の運営会社では取り締まりを徹底し質の高いエンタメを提供し続けています。

今後17LIVE(イチナナ)の人気がどれほど高まっていくのか、あらたな展開から目が離せません。