LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

SHOWROOM(ショールーム)のユーザー数・売上げ・運営会社は?

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20190523125656j:plain

オンラインでのライブ動画配信により誰でも有名になれたり、収入がえられる新しいタイプのコミュニケーションツールであるSHOWROOM(ショールーム)。

そんなSHOWROOM(ショールーム)が最近気になっているという人も多いのではないでしょうか。

SHOWROOM(ショールーム)は今後もユーザーの増加が見込めるサービスとなっており、様々なビジネスチャンスを見つけることができそうです。

SHOWROOM(ショールーム)をビジネスや投資運用などに利用したいと考える人にとっては、現在のSHOWROOM(ショールーム)の状況も気になるところですよね。

そこで今回は、SHOWROOM(ショールーム)のユーザー数・売上げ・運営会社について詳しく調べてみました。

SHOWROOM(ショールーム)のユーザー数・売上げ・運営会社は?

SHOWROOM(ショールーム)とは日本国内発のライブ動画配信サービスです。

アイドルやお笑い芸人、モデルやアーティストなどのライブ動画配信が無料で視聴できるサービスになっています。

また動画を視聴するだけではなく、誰でもアカウントを登録すればスマホやPCなどからライブ動画の配信を行うことが可能です。

自分の発信力次第で、アマチュアの方でも多くのファンを作ったり、ギフトという投げ銭システムを利用して収益をあげていくこともできるようになっています。

これまで自分のファンを作ったり有名になったりするためには、芸能事務所などに所属した上で売り出してもらう必要がありました。

しかし現代では自分の発信力やセルフプロデュース力があれば、ファンを作ったり収益化させていくことが十分に可能です。

SHOWROOM(ショールーム)は、新しい時代の象徴ともいうべきサービスだといえるでしょう。

SHOWROOM(ショールーム)のユーザー数はどれくらい?

2018年の段階で、SHOWROOM(ショールーム)のユーザー登録数は15万人と言われていました。

15万人という数でもかなり多い登録者数であることがわかりますが、海外の動画配信サイトのTikTok(ティックトック)が5億人ほど、17Live(イチナナ)が4000万人以上だと言われています。

このように海外の動画配信サービスに比べると、SHOWROOM(ショールーム)の登録者数は少なく感じてしまいますよね。

ただし口コミなどをみていると、SHOWROOM(ショールーム)の視聴者自体が20万人を超えているというライブ配信も多くなっているので、実際のSHOWROOM(ショールーム)を利用している視聴者はかなり多くなっているでしょう。

SHOWROOM(ショールーム)の売上げはどれくらい?

2018年度の売上についてですが、ライブ動画配信アプリの売上ランキングによれば、SHOWROOM(ショールーム)は45.7億円の売上を達成しています。

2位の海外のライブ動画配信アプリである17Live(イチナナ)に大きく差をつけて、堂々の1位を取得しているようです。

登録者数のみを見れば17Live(イチナナ)の方がはるかに多くはなっていますが、国内の売上を見るとSHOWROOM(ショールーム)は17Live(イチナナ)の1.5倍以上の売上となっているのがわかるでしょう。

このようなことからも、日本国内のユーザーから圧倒的な人気を誇っているライブ動画配信アプリはSHOWROOM(ショールーム)であることがわかります。

また今後もSHOWROOM(ショールーム)ではユーザー数が伸びていくことが見込まれているので、売上も同じように伸びていくことが期待できるでしょう。

SHOWROOM(ショールーム)の運営会社はどこ?

SHOWROOM(ショールーム)の運営会社はSHOWROOM株式会社であり、2013年度に設立された比較的新しめの企業となっています。

しかし大元はモバゲーなどでも有名な株式会社ディー・エヌ・エーであり、2013年以前より株式会社ディー・エヌ・エーの名義でSHOWROOM(ショールーム)のサービスはスタートしていたようです。

代表取締役社長の前田裕二氏は、若手の実業家として経済紙などにも多く取り上げられており、注目の人物となっています。

SHOWROOM(ショールーム)のユーザー数・売上げ・運営会社は?まとめ

今回は、SHOWROOM(ショールーム)のユーザー数・売上げ・運営会社について詳しく調べてみました。

SHOWROOM(ショールーム)では登録者数、売上共に伸びている状態で今後もさらに人気が高まっていくことが期待されるサービスだといえるでしょう。

またSHOWROOM(ショールーム)を提供しているSHOWROOM株式会社自体は2013年度設立の比較的新しめの企業です。

しかし大元はモバゲーなどでも有名な株式会社ディー・エヌ・エーであり、土台がしっかりしていることも推測できます。

代表取締役社長の前田裕二氏にも注目が高まっているので、興味のある人はぜひ調べてみてくださいね。