LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)の視聴回数の「M」や「K」はどういう意味?

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

10代20代の若年層を中心に世界中でユーザー数を伸ばしている動画配信アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)で動画の配信や視聴を楽しんでいるという人の中には、視聴回数やフォロワー数、「いいね」数などで用いられる「M」や「K」の意味について詳しく知りたいという人もいるのではないでしょうか。

TikTok(ティックトック)での人気ユーザーの投稿などをみているとフォロワー数や視聴回数の数字に「M」や「K」が入っているという人もいますよね。

また自分の投稿した動画の視聴回数が「M」や「K」で表示されて、実際何人くらいが視聴したのかよくわからないという人もいるでしょう。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)の視聴回数の「M」や「K」はどういう意味なのかについて詳しく解説していきます。

TikTok(ティックトック)の視聴回数の「M」や「K」はどういう意味?

TikTok(ティックトック)の視聴回数の「M」や「K」は単位の省略を表記している

TikTok(ティックトック)で人気者になりたいという人やビジネスにTikTok(ティックトック)を活用していきたいという人がこまめにチェックしている項目の1つが、TikTok(ティックトック)に投稿した動画の視聴回数です。

徐々に視聴回数が伸びてきたという人でも、数字の横に「M」や「K」がついてしまし、実際の視聴回数がどれくらいなのかがよくわからなくなってしまったという人もいるでしょう。

数字の後ろに「M」や「K」がついていると、なんとなく視聴回数が多いということはわかっても、具体的な単位がイマイチよくわからないという人は多いものです。

そもそもTikTok(ティックトック)の再生回数の後ろにつく「M」や「K」は以下の略語になっています。

  • 「K」...キロ
  • 「M」...ミリオン

まず「K」についてですが「キロ」の略語であり「kg(キログラム)」や「km(キロメートル)」などにも使われる「キロ」のことです。

「K=キロ」という単位は「1000」の単位を表す言葉になりますので、「1kg=1000g」「1km=1000m」という意味になります。

よってTikTok(ティックトック)の視聴回数に関しても、基本的には数字の後に「000」をつけることによって正式な数字が表されるでしょう。

実際に「K」を使った視聴回数を数字化すると以下のようになります。

  • 1K=1,000回
  • 10K=10,000回
  • 100K=100,000回
  • 1000K=1,000,000回

このように視聴回数に「K」が表示されている場合、表示されている数字の最後に「000」をつけてみましょう。

続いて「M」についてですが「ミリオン」の略語であり、よく「ミリオンライブ」「ミリオンヒット」などでも使われるワードです。

この「M=ミリオン」という単位はKのさらに上である「100万」という単位を表します。

「100万」を数字で表記すると「1,000,000」となりますので、TikTok(ティックトック)の視聴回数で表記されている数字の後に「000,000」をつけることによって正確な数字が算出されるでしょう。

実際に「M」を使った視聴回数を数字化すると以下のようになります。

  • 1M=1,000,000回
  • 10M=10,000,000回
  • 100M=100,000,000回

このように「M」がつく視聴回数の場合には、数字の後ろに「000,000」をつけることで正確な数字が算出できるでしょう。

また先ほど紹介した「1000K」も「1M」も同じ1,000,000回の再生回数ということになりますので、TikTok(ティックトック)上では「M」の方で表記されることになります。

さらに滅多にみることはないですが、「M」の上には「G」という10億単位を表す「ギガ」という表記も使われることがあるようです。

ただし「G」という単位はほとんど見ることはありませんので、基本的に「K=数字の後に000」「M=数字の後に000,000」と覚えておけば計算がしやすくなるでしょう。

TikTok(ティックトック)の視聴回数の「M」や「K」を使った具体例

ここまでの解説でTikTok(ティックトック)の視聴回数で利用される「M」や「K」について何となく概要が掴めたという人は、実際の数字を使って「M」や「K」のついた視聴回数が何回なのかを算出してみましょう。

まずは「K」を使った具体的な視聴回数を算出した数字の例です。

  • 4K...視聴回数4,000回
  • 3.6K...視聴回数3,600回
  • 66K...視聴回数66,000回
  • 27.8K...視聴回数27,800回
  • 600K...視聴回数600,000回
  • 365.9K...視聴回数365,900回

基本的には数字の後に「000」をつけるというのが「K」になりますが、TikTok(ティックトック)をみていると「15.5K」のように小数点以下の数字が表示された後に「K」が付いていることもありますよね。

この小数点以下の数字が表示されている場合には小数点以下分0を1つ減らしていきます。 そのため「15.5Kの場合には「0」を1つ減らした「00」をつけて「15,500」という数字が視聴回数になってくるでしょう。

つづいて「M」を使った具体的な視聴回数を算出した数字の例です。

  • 5M...視聴回数5,000,000回
  • 1.4M...視聴回数1,400,000回
  • 23M...視聴回数23,000,000回
  • 14.6M..視聴回数14,600,000回
  • 187M...視聴回数187,000,000回

このように「M」についても、基本的には数字の後に「000,000」をつけることで正確な数字を算出することができます。

しかし「K」と同様に、「M」が付いている場合でも小数点以下の数字が表示されていることがありますよね。

「M」の前に小数点以下の数字が入っている場合にも、「K」と同様に小数点以下分0を1つ減らしていきます。

「15.5Mの場合には「0」を1つ減らした「00,000」をつけて「15,500,000」という数字が視聴回数になってくるでしょう。

TikTok(ティックトック)の視聴回数の「M」や「K」はどういう意味?まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)の視聴回数の「M」や「K」はどういう意味なのかについて詳しく解説してきました。

TikTok(ティックトック)の視聴回数についている「M」と「K」は、それぞれ「M=ミリオン」「K=キロ」の略になります。

ゼロをいくつつけると正確な視聴回数になるのかさえ覚えておけば、簡単に数字が算出できるようになりますので、確認してくださいね。