LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)は儲かるの?儲かる為の方法を分かりやすく解説

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVE、BIGO、Pococha、IRIAMを等のライブ配信アプリで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む11,000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

世界中でユーザー数を増やしている動画配信アプリのTikTok(ティックトック)。

そんなTikTok(ティックトック)を利用している人の中には、TikTok(ティックトック)は儲かるのか?という疑問を持っている人もいるでしょう。

最近ではTikTok(ティックトック)出身の有名人なども多数登場しており、TikTok(ティックトック)がビジネスにも役立っているのでは?と考える人も多くなっているようです。

そこで今回は、TikTok(ティックトック)は儲かるのか?儲かる為の方法を分かりやすく解説していきます。

TikTok(ティックトック)は儲かるの?儲かる為の方法を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)は儲かるの?

TikTok(ティックトック)は15秒から60秒程度の短い動画を投稿して楽しめるSNS型の動画投稿アプリです。

かなり短い期間で飛躍的に世界中でユーザー数が伸びているので、TikTok(ティックトック)で儲けている人がいるのでは?と気になる人も多いでしょう。

TikTok(ティックトック)は純粋に動画を投稿したり試聴するのを楽しんでいるという人も多いのですが、確かに「儲かる」といったビジネス視点でやっているという人も存在します。

実際にTikTok(ティックトック)が儲かるかどうかは、完全にTikTok(ティックトック)内での人気の度合いなどによりますが、

やり方次第ではTikTok(ティックトック)で生活できるレベルで儲けている人もいるようです。

TikTok(ティックトック)で儲かる為の方法

TikTok(ティックトック)とよく比較されるものの中に、同じ動画配信サービスという枠内にある「Youtube(ユーチューブ)」があげられます。

Youtube(ユーチューブ)のマネタイズ方法はかなり明確化されており、自分の配信する動画に企業の広告などを挟むことで、広告主からの報酬を得られる仕組みです。

しかしTikTok(ティックトック)の場合、ここまで明確な儲かるしくみがはっきりしないというイメージのある人も多いでしょう。

実際、TikTok(ティックトック)が登場してから数年間は、基本的に投稿したショート動画をみんなで楽しむというスタイルで、儲かるマネタイズ法がTikTok(ティックトック)にはほぼありませんでした。

しかし2022年現在では、TikTok(ティックトック)でも儲かる為の方法が着々と増えてきています。 ここではTikTok(ティックトック)を使って儲けられる、現在利用できるマネタイズの方法をいくつか見ていきましょう。

TikTok(ティックトック)で企業案件を受ける

TikTok(ティックトック)の中の儲かる方法として一番メジャーな方法が、TikTok(ティックトック)で企業の商品やサービスを紹介するという方法です。

ある程度の視聴者数やフォロワー数がある人であれば、企業側からスカウトのような形で声がかかることも多くなっています。

企業側が紹介してほしい自社の製品やサービスをTikTok(ティックトック)ユーザーに提案して、TikTok(ティックトック)ユーザーが動画の中でその商品やサービスを紹介するという方法です。

商品やサービスを紹介することで企業側から報酬を受け取ることができます。

またイラストやデザインなど、特定のスキルをTikTok(ティックトック)で公開しているという人の場合、スキルに目を向けて仕事を依頼してくれる企業などもあるようです。

TikTok(ティックトック)ライブ配信で投げ銭を受け取る

TikTok(ティックトック)で新たに加わった機能の中に、ライブ配信ができる機能があります。

そしてTikTok(ティックトック)でライブ配信を行うと、視聴者からの投げ銭を受け取って儲けるという方法が利用可能です。

TikTok(ティックトック)ではライブ視聴者が課金してギフトと呼ばれる仮想のギフトを購入してライブ配信者に贈答することができます。

ギフトを受け取ったライブ配信者は、ギフトの購入価格の3割前後を報酬として受け取ることが可能です。

動画配信者と視聴者との間で直接的に金銭のやり取りが発生する形になるため、基本的に未成年は利用できないサービスになっています。

またTikTok(ティックトック)でライブ配信を行う資格も、フォロワー数や動画の再生回数によって決定されますので、全てのTikTok(ティックトック)が使える機能ではないようです。

TikTok(ティックトック)で広告収入を得る

今後TikTok(ティックトック)上でも広がりを見せていく可能性があるのが、Youtube(ユーチューブ)と同じ広告収入になっています。

TikTok(ティックトック)での広告収入システムは採用されたばかりの新しいマネタイズ方法です。

2024年にはYoutube(ユーチューブ)の広告収入よりも市場規模が大きくなることが期待されています。

将来的にはTikTok(ティックトック)の儲かる方法のメインとして活用されることも期待されているようです。

TikTok(ティックトック)は儲かるの?儲かる為の方法を分かりやすく解説まとめ

今回は、TikTok(ティックトック)は儲かるのか?儲かる為の方法を分かりやすく解説してきました。

TikTok(ティックトック)は儲かるのか?については、TikTok(ティックトック)を使っているユーザーの使い方にもよりますが、TikTok(ティックトック)だけで稼いでいるという人も中にはいるようです。

現在は、企業案件や投げ銭などがメインの儲ける方法になっていますが、今後は新しいマネタイズ方法もどんどん登場してくるでしょう。