LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

TikTok(ティックトック)は儲かるの?儲かる為の方法を分かりやすく解説

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>17LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17ライバーの配信を視聴したい方も、17LIVEのライブ配信で人気ライバーになりたい方も、17LIVEを最短1分でダウンロードしてはじめてみよう☆

>>17LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181110161452j:plain

TikTok(ティックトック)を利用して儲かるのでしょうか。

稼げるサイトなら、ぜひ参加したいですよね。

もし稼げるサイトならTikTok(ティックトック)運営は儲かるのでは?と思う方もいるでしょう。

仮にTikTok(ティックトック)が稼げないサービスなら、運営はどのようなマネタイズを行っているのか、気になる方は多いはずです。

中高生に大人気のTikTok(ティックトック)は、完全無料で利用できます。

しかし稼げるコンテンツは提供していません。

そこで疑問になるのがTikTok(ティックトック)の収益源でしょう。いったい何で収益を作り運営しているのか、気になる方は多いはずです。

実はしっかり儲かる為の施策を、TikTok(ティックトック)は行っているのですよ。この記事でご紹介していきます。

TikTok(ティックトック)は儲かるの?儲かる為の方法を分かりやすく解説

TikTok(ティックトック)は儲かるサイトなの?

ショートムービーを共有して楽しめるTikTok(ティックトック)は、現在は儲けるためのコンテンツ提供を行っていません。

TikTok(ティックトック)は動画コンテンツを提供していますが、あくまでもブログやSNSのようなコミュニケーションツールとして多くのユーザーを獲得しています。

スマホで動画撮影を行い、編集・アップロードまでの作業をアプリひとつでできてしまう利便性が、人気の理由のひとつでしょう。

その人気は爆発的と言え、10代から20代前半の若者を中心に人気があります。

自分を表現したい、目立ちたいという年齢層の欲求を満たすためにTikTok(ティックトック)は最適なツールと言えるでしょう。

大ブームを巻き起こしているTikTok(ティックトック)ですので、動画視聴で収益が発生すれば儲かるのに、と考える人もいるのも現実です。

送客に活用すればTikTok(ティックトック)は儲かるツールに

しかし個々のアイデア次第でTikTok(ティックトック)は儲かるツールに変身します。

若い年齢層が集うTikTok(ティックトック)を、送客に使わない手はありません。

たとえばYouTubeや17Live(イチナナ)のようなライブ配信サービスへ送客する方法です。

短編ムービーである特徴を生かしてTikTok(ティックトック)では動画の始めだけを流し、続きはYouTubeで観ることができる流れを作ると儲かるようになるかもしれません。

TikTok(ティックトック)のプロフィールにはYouTubeへのリンクを貼ることができるので、上手に活用すれば儲かるツールに変身します。

また17Live(イチナナ)は、リアルタイムでコミュニケーションを取ることができるという特徴があります。

投げ銭によって配信者が収入を得るしくみになっていますので利用しない手はありませんよね。

17Live(イチナナ)内でお気に入りのティックトッカーと交流できるサービスがあるとすれば、多くのファンは利用したいと思うはずです。

アイデア次第で使い方が拡がるTikTok(ティックトック)ですが、宣伝目的はNGです。

企業などのCMを作って放送することは禁止されていますので、自分のサービスを動画で紹介しないように注意しましょう。

儲かる為には、みんなが動き出す前に始めることです。上手にTikTok(ティックトック)を活用してはいかがでしょうか。

TikTok(ティックトック)自体が儲かる為の方法は?

無料で利用できるTikTok(ティックトック)ですが、ではTikTok(ティックトック)運営が儲かる為にはどのようにしているのでしょうか。

マネタイズについて気になる方は多いでしょう。

そもそもTikTok(ティックトック)がテレビCMやYouTubeへ広告を出していると言うことは、宣伝費用を支払って宣伝しているということです。

よって何らかの方法で資金を得ているのは説明しなくてもおわかりですよね。

しかもこれだけ多くのユーザーを抱えているのに、儲かることをしていないというのは現実的にあり得ません。

実はTikTok(ティックトック)では、企業の広告をコンテンツ内で宣伝し、ビジネスとしての収益を得ています。

アプリを起動したときと、配信されている動画と動画の間でさりげなく投稿広告が流れますが、あれがまさにTikTok(ティックトック)の資金源です。

人の集まるTikTok(ティックトック)ならではのマネタイズ方法と言えるでしょう。

2019年から稼げるようになるとTikTok(ティックトック)公式が発表

TikTok(ティックトック)は、永久に無料で運営していくことを考えていません。

サービス開始時に利用無料にしたのには理由があり、若い層によるトレンドを巻き起こすためだと考えられています。

若者によるトレンド化で知名度をアップし、次は他のユーザー層を取り込み、いずれ有料コンテンツにして収益を得ることがTikTok(ティックトック)の目的でしょう。

現実TikTok(ティックトック)では、2019年に収益化プログラムを導入すると発表しています。

対象は中堅からトップの有名ティックトッカーのみですが、収益化に向けての大きな進歩ですよね。

儲かるためのTikTok(ティックトック)の施策としては、動画をYouTubeのような稼げるコンテンツにするのか、中国版TikTok(ティックトック)のようにライブ配信を始めるのか、いずれかになることでしょう。

内容についてはまだ明確ではありません。

中国のTikTok(ティックトック)がライブ配信を導入した理由は、すでに確立されたビジネスモデルだからです。

新しいコンテンツよりも稼ぎやすいと言えるでしょう。

しかしTikTok(ティックトック)はショートムービーメインのサービスを目指しています。

よって日本ではもしかしたらYouTubeのような動画配信サービスが開始されるかもしれません。

前述についてはすべて憶測ですが、TikTok(ティックトック)は儲かるサービスに生まれ変わることは確実です。よって今後の動向から目が離せません。

TikTok(ティックトック)は儲かるの?儲かる為の方法を分かりやすく解説まとめ

ご紹介したように、TikTok(ティックトック)では儲かりません。

しかしYouTubeや17Live(イチナナ)への送客窓口として利用すれば、儲かるツールとして役立ちます。

特にティックトッカーは、17Live(イチナナ)のように自分の体を使って表現することは得意なはずです。

リスナーと話ができるので、TikTok(ティックトック)単体よりも人が集まりやすくなり、儲けやすくなるでしょう。

そもそもTikTok(ティックトック)は稼げるコンテンツに生まれ変わるので、すでに人気を集めているティックトッカーは自然と儲かるはずです。

ぜひ今後の動向に注目しましょう。