LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

インスタグラムのリール(Reels)を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20201202190930j:plain

動画や画像をシェアしながらユーザー同士の交流ができるインスタグラム。

そんなインスタグラムにはさまざまな動画や画像の投稿方法が用意されていますが、中でも人気があるのがリール(Reels)です。

リール(Reels)は、最大30秒ほどの動画を投稿できるという機能であり、他の投稿方法とは異なる独特の機能があるのが特徴となっています。

そこで今回は、インスタグラムのリール(Reels)を分かりやすく解説していきます。

インスタグラムのリール(Reels)を分かりやすく解説

インスタグラムのリール(Reels)の特徴

インスタグラムのリール(Reels)投稿とは、最大30秒の動画が投稿できる機能になっています。

インスタグラムには通常の投稿の他にストーリーやライブ配信などの発信方法が用意されていますが、その種類の1つとして活用されるのがリール(Reels)投稿です。

リール(Reels)投稿は基本的に通常の投稿と同様の扱いで表示されることが多くなっていますが、リール(Reels)専用のリール(Reels)タブなどで検索ができるようにもなっており、インスタグラムの投稿全体で表示されることが多い投稿方法となっています。

またリール(Reels)は再生回数が表示されるようになっており、動画が何回表示されたのかを一眼で確認することが可能です。

ただしストーリーのように誰が動画を視聴したのかなどの足跡機能はありません。

リール(Reels)投稿はビジネスなどで利用されることも多くなっている投稿方法ではありますが、基本的には通常投稿と同じ扱いとなるためキャプション内にリンクを貼ることはできません。

リンクURL自体の表示はできますが、リンクボタンをクリック(タップ)して外部サイトを表示させることなどはできなくなっています。

インスタグラムのリール(Reels)を投稿する方法

まずはこれからインスタグラムのリール(Reels)をしたいという人向けに、リール(Reels)のやり方を詳しくみていきましょう。

インスタグラムのリール(Reels)投稿方法

  • インスタグラムアプリを立ち上げた状態から画面右上の「+」マークをタップする
  • 新規投稿の画面が表示されるので、画面下に表示される「投稿」ボタンを右にスライドしていく
  • 「リール」という文字が表示された状態でリール投稿ができるように設定される
  • 動画で使用する楽曲を音符マークをタップして選択する
  • 必要に応じてエフェクトなどをかけて撮影する動画の編集を事前に行う
  • 画像下の白丸をタップして撮影開始
  • 撮影後に再び必要であれば画像編集を行い「次へ」をタップする
  • シェアの範囲やタグ付けなどを行い「シェア」をタップするとリール(Reels)が投稿される

基本的なリール(Reels)の流れは上記の通りです。 続いて投稿画面に表示されるアイコンの意味や使い方をそれぞれ見ていきましょう。

撮影前のリール(Reels)画面にて表示される縦メニュー

  • ミュージック...リール(Reels)にて流せるBGMが選択できる
  • エフェクト...リール(Reels)撮影時に使える効果を選択できる(キラキラにしたりキャラクターを降らせるなどの効果がある)
  • 速度...動画の再生速度を速くしたり遅くしたりでき最大5倍速が可能
  • レイアウト...動画投稿時の画像のレイアウト(割り振り)を調整できる
  • タイマー...設定した時間でカウントダウンの後に動画が始まる設定が行える
  • デュアル...インカメラへの切り替えができる

撮影後のリール(Reels)画面にて表示される横メニュー

  • 保存...撮影した動画をスマホに保存できる
  • 音楽...リール(Reels)にて流せるBGMの音量などが選択できる
  • エフェクト....リール(Reels)撮影時に使える効果を選択できる(キラキラにしたりキャラクターを降らせるなどの効果がある)
  • スタンプ...撮影した動画に貼るスタンプが選べる
  • 落書き...撮影した動画にフリーハンドで文字や絵が書ける
  • 文字...撮影した動画に文字を入力できる

インスタグラムのリール(Reels)の見方や「いいね」「コメント」などの方法

インスタグラムのリール(Reels)の見方 検索機能を利用する

インスタグラムのリール(Reels)投稿は、複数の場所からチェックすることができるようになっています。

たとえばハッシュタグやキーワードなどで特定のリール(Reels)投稿を表示させたい場合には、メイン画面下部に表示される虫眼鏡アイコンをタップしてください。

検索窓ににて好きなハッシュタグやキーワードを入力します。

検索結果には通常の投稿も混じりますが縦長のコマでリール(Reels)投稿も一緒に表示されるので、みたいリール(Reels)投稿をタップして視聴しましょう。

インスタグラムのプロフィールから特定のユーザーのリール(Reels)投稿一覧を確認する

特定のユーザーのリール(Reels)投稿一覧を確認したい場合には、リール(Reels)をみたいユーザーのプロフィールページを表示させてください。

プロフィール画像が表示され、ユーザーの投稿画像一覧が表示されている上部に投稿ジャンルアイコンの一覧が表示されているので、左から二番目の三角マークがついたアイコンをタップしてください。

投稿したリール(Reels)一覧が表示されるので、みたいリール(Reels)投稿のサムネイルをタップして視聴しましょう。

インスタグラムのフィードからリール(Reels)投稿を確認する

インスタグラムではリール(Reels)投稿をしたユーザーをフォローしている状態で、投稿したユーザーがタイムラインにリール(Reels)投稿をシェアしている場合に、自分のフィード画面にリール(Reels)投稿が表示されます。

フィード画面に表示されている動画をタップすると、全画面表示となり視聴可能です。

インスタグラムのリール(Reels)に「いいね」や「コメント」をする

インスタグラムのリール(Reels)投稿へは、「いいね」「コメント」を残すことができます。

「いいね」や「コメント」をつけたいリール(Reels)投稿を全画面表示にすると、「いいね」をつけるためのハートマークやコメントを残すための吹き出しマークが表示されるので、それぞれタップしていきましょう。

コメントの吹き出しマークをタップすると、文字が入力できるようになりますのでメッセージを入力した上で「投稿する」をタップします。

インスタグラムのリール(Reels)を分かりやすく解説まとめ

今回は、インスタグラムのリール(Reels)を分かりやすく解説してきました。

インスタグラムのリール(Reels)は、最大30秒の動画を撮影して投稿できる機能であり、再生回数が表示され「いいね」や「コメント」ができるのも大きな特徴です。

ビジネスなどで利用されることも多く、TikTok(ティックトック)と併用して使っている人も多い投稿方法ですので、特徴をとらえながら好きな動画を投稿してみてくださいね。