LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

インスタグラムのリポストを分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20201202190930j:plain

自分で撮影した動画や画像を投稿したり、他のユーザーの動画や画像を楽しめるインスタグラム。

そんなインスタグラムを利用して、他のユーザーの投稿をシェアしたいという人もいるでしょう。

インスタグラムで他のユーザーの投稿を自分のフィードでシェアする場合にはリポスト機能を利用していくことになります。

そこで今回は、インスタグラムのリポストを分かりやすく解説していきます。

インスタグラムのリポストを分かりやすく解説

インスタグラムはリポスト機能がないのでリポスト専用アプリを使うのが主流

Twitter(ツイッター)やFacebookなどのSNSでは、他のユーザーの投稿をシェアする「シェア」や「リツイート」などの機能が存在します。

そんな中で、インスタグラムでも他のユーザーの投稿を自分のフィードで紹介する「リポスト」機能を利用したいという人は多いでしょう。

しかしインスタグラムの場合には、ツイッターやFacebookのようにシェアを行う「リポスト」機能が実装されていません。

そのため、インスタグラムのみを利用してリポストを行うことはできなくなっています。

ただしインスタグラムではリポストができないというわけではなく、インスタグラムでリポスト投稿をしている人の多くがリポスト専用のアプリを利用しているようです。

インスタグラムでリポストするのに利用できるリポスト専用アプリには、以下のようなものがあります。

  • Repost for Instagram リポスト
  • 写真/動画を保存/リポストfor Instagram&Twitter
  • Regrann

インスタグラムのリポスト専用アプリは有料のものと無料のものがあり、無料期間を経て最終的に有料になるものなどもあるようです。

また無料版のアプリの場合には、1つ1つのアクションごとに広告が入ることもあるので、

どれを利用するかはそれぞれの機能や料金などを考慮しながら選んでいくのがよいでしょう。

有料版でも無料版でもインスタグラムのリポストアプリは基本的に以下のような同じ使い方になります。

  • まずはアプリをダウンロード
  • リポストアプリからインスタグラムを開きインスタグラムとリポストアプリを連動させる
  • 投稿の右上にある・・・をタップする
  • リンクをそのままコピーする
  • リポストアプリをもう一度開くとインスタグラムでリポストしたい画像が表示される
  • あとはアプリ側からリポストした画像を投稿して完了

より詳細な使い方は利用するリポストアプリによっても異なってきますので、詳しくはそれぞれのアプリの使い方を確認してみましょう。

リポストアプリを利用するとインスタグラムに不具合が出るのか?

このようにインスタグラムで他の人が投稿した画像や動画をシェアしたい場合には、リポストアプリを利用していくのが一番手軽な方法です。

しかしリポストアプリを利用しているインスタグラムユーザーの中には、リポストアプリを利用したことにより、インスタグラムにて不具合が生じたという口コミも見られました。

またリポストアプリは海外で作られたものが多いため、日本語に対応していないアプリなども多くなっているようです。

そのためリポストアプリの安全性を疑問視したりリポストアプリが使いにくいという人の数も多くなっています。

自分が利用したいリポストアプリが見つかったら、まずは実際に使っている人の口コミを集めて安全性や使いやすさについてリサーチしてからインストールしていくのが良いでしょう。

インスタグラムはリポストをスクリーンショットでするのはマナー違反

インスタグラムのリポストは一般的にリポストアプリを使っていくのが一般的ですが大きな理由としては、リポストした画像に対して転用元のアカウント名が表示されるためです。

リポスト画像に転用元のアカウント名が表示されるだけで、元々誰の画像・動画なのかを知らせることができます。

しかしインスタグラムに表示されている第三者の画像を自分のフィードに流すだけであれば画像や動画をスクリーンショットで撮影して、

そのままインスタグラムに掲載することも可能です。

しかしこのような転用元がわからない状態で、第三者の動画・画像を転用するのはマナー違反になっています。

インスタグラムにて他のユーザーの画像を利用するのであれば、必ず転用元がわかるようにリポストアプリなどを利用していきましょう。

インスタグラムはリポストはストーリーを利用して表示することも可能

インスタグラムのリポストは外部アプリを利用していくのが一般的ですが、インスタグラムのストーリーを利用してリポストを行うことはできるようになっています。

あくまでもストーリーでのシェアとなってしまいますが、専用のリポストアプリを使いたくないという場合には、以下の方法を利用していきましょう。

  • インスタグラムアプリを立ち上げて、リポストしたい画像を選択する
  • リポストしたい画像を表示させたら右上に表示される「...」アイコンをタップする
  • メニュー一覧が表示されるので「ストーリーでシェア」をタップする
  • ストーリーにてシェアしたい画像が表示される

ストーリーで投稿する画像は色の加工や修正なども可能ですが、転送元に無許可で画像を修正するのも基本的にはマナー違反となります。

ストーリーで画像をシェアする場合には、転送元が投稿しているのと同様のものを上げていくようにしましょう。

インスタグラムのリポストを分かりやすく解説まとめ

今回は、インスタグラムのリポストを分かりやすく解説してきました。

インスタグラムは基本的にリポスト機能が実装されていないため、リポストする場合にはインスタグラムとは別のアプリとなるリポスト専用アプリをインストールして利用するのが主流です。

有料のものが多くなっていますが海外使用のものがほとんどですので、使いやすさや安全性を考慮して利用するアプリを選んでみてくださいね。