LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

YOUTUBE(ユーチューブ)の税金の計算方法と確定申告について

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20181028140558j:plain

YOUTUBE(ユーチューブ)は大手の動画配信サービスでコンテンツ作成者も多くいます。

チャンネル登録者数も多く広告による収入が多額に上る人は、その利益にかかる税金をどのように計算したらよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

今回はYOUTUBE(ユーチューブ)で生じた利益にかかる税金の計算方法と確定申告について詳しく解説していきます。

YOUTUBE(ユーチューブ)の税金の計算方法と確定申告について

YOUTUBE(ユーチューブ)は再生回数やチャンネル登録数が誰でも確認できるので、収益も外から見てわかりやすい側面があります。

大きく利益が出ているのであれば税金がかかりますので注意しましょう。

YOUTUBE(ユーチューブ)の税金の種類

YOUTUBE(ユーチューブ)で得た収入にも税金はかかります。

かかる税金の種類は個人でYOUTUBE(ユーチューブ)を行っているのか法人で行っているのかで変わり、個人の場合には所得税の対象になり、法人の場合には法人税の対象になります。

所得税の計算対象となる所得にはいくつも区分があり、どの区分に分類されるかで税金の計算方法も変わります。

たとえば会社から支給された給与は「給与所得」という区分になりますが、YOUTUBE(ユーチューブ)で生じた利益はもちろん給与ではありませんので給与所得の区分ではなく、一般的にはYOUTUBE(ユーチューブ)で生じた利益にかかる所得税の所得区分は「雑所得」になります。

YOUTUBE(ユーチューブ)の税金の計算方法(雑所得)

株式投資などで生じた利益などの一部の所得については「申告分離課税」といって他の所得とは別個に税金を計算する制度がありますが、YOUTUBE(ユーチューブ)の利益は「申告分離課税」ではなく「総合課税」の対象である「雑所得」です。

「申告分離課税」では、それ単独での利益が一定の金額未満の場合には税金を収める必要がなく、また税率も特別な税率が適用されますが、YOUTUBE(ユーチューブ)で生じた利益は総合課税のため、他の雑所得と合算して計算する必要があります。

したがって、副業としてYOUTUBE(ユーチューブ)をしている場合には、他の雑所得とYOUTUBE(ユーチューブ)で生じた利益を合算して税金を計算し、合算が20万円以上の場合には確定申告の必要があります。

・雑所得(総合課税)=他の副業収入など+YOUTUBE(ユーチューブ)の利益が20万円以上ならば確定申告が必要です

そして、雑所得が20万円を超えた場合には、給与などの他の所得と合算した金額に応じて以下の税率が適用されます。

  • 195万円以下:5%
  • ~330万円:10%
  • ~695万円:20%
  • ~1800万円:33%
  • ~4000万円:40%
  • 4000万円:45%

たとえば、本業で450万円の年収を稼いでいて、かつYOUTUBE(ユーチューブ)で100万円の利益があった場合の税金の計算方法は以下のようになります。

  1. 4,500,000円(本業)+1,000,000(YOUTUBE(ユーチューブ))=5,500,000円……総所得
  2. 5,500,000円(総所得)-380,000円(基礎控除)-1,340,000円(給与所得控除)=3,780,000円……課税所得
  3. 3,780,000(課税所得)×20%(税率)=756,000円-427,500円(控除額)=328,500円……所得税

となります。

1の給与所得控除と3の控除額は年収に応じて金額が変わります。

さらに実際は社会保険料や医療費など他の所得控除があるので、最終的な納税額はもっと下がるものと思います。

いずれにしろ、YOUTUBE(ユーチューブ)の利益にかかる税金の計算方法は、利益が20万円を超えてからは給与所得と合算するということがポイントです。

YOUTUBE(ユーチューブ)の税金の計算方法(事業所得)

税務署に開業届を出してYOUTUBE(ユーチューブ)を事業として行っている場合には、YOUTUBE(ユーチューブ)で生じた利益は雑所得ではなく、事業所得として計算します。

事業所得が雑所得と大きく異なるのは、広く経費を算定できることです。

基本的な所得税の計算方法は雑所得のときと同じなのですが、個人事業としてYOUTUBE(ユーチューブ)をしている場合には、総所得の計算方法は以下のようになります。

・総所得=収入-経費

また、個人事業主として税務署に青色申告承認申請をしている場合にはさらに青色申告特別控除の68万円がさらに控除されます。

ただ、個人事業主として青色申告をするには、複式簿記での帳簿書類を整備する必要があるので、専業ではなく副業としてYOUTUBE(ユーチューブ)をしている方にとっては手間が増えてしまうので大変かもしれませんね。

YOUTUBE(ユーチューブ)の税金の確定申告で副業を会社に伏せておく方法

ここまでYOUTUBE(ユーチューブ)の税金の計算方法を雑所得の場合と、事業所得の場合でご説明しました。

多くの方は副業としてYOUTUBE(ユーチューブ)を行っているでしょうから、利益が20万円を超えると基本的に確定申告が必要になります。

しかし、市区町村から課税される住民税は確定申告の計算結果から計算されるため、確定申告をするとお勤めの会社に副業がばれてしまうのではと心配される方もいるのではないでしょうか。

その場合には、確定申告で使う様式に注意しましょう。

確定申告のときには「普通徴収」と「特別徴収」を選ぶことができますが、ここで「普通徴収」を選ぶとお勤めの会社に副業がばれずに済みます。

「普通徴収」は自分で納付書を使って住民税を収める方法で「特別徴収」は会社が源泉徴収して税金を収める方法です。

YOUTUBE(ユーチューブ)の税金の計算方法と確定申告について まとめ

YOUTUBE(ユーチューブ)の税金は、個人で副業として行っている場合には「雑所得として20万円を超える場合には給与と合算した金額で所得税を計算して確定申告」する必要があります。

また、個人事業主としてYOUTUBE(ユーチューブ)をして税務署に青色申告をしている場合には「事業所得として計算」して確定申告をします。
会社にお勤めで副業を隠しておきたいかたは、確定申告の際に税務署と相談して「普通徴収」の手続きをするのを忘れないようにしましょう。