LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

YouTube(ユーチューブ)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

>>【PR】Pococha はアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha のダウンロードはこちらから☆

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20200919193725j:plain

YouTube(ユーチューブ)の税金の計算方法がよくわからない。

ところで確定申告ってなに?YouTube(ユーチューブ)で稼いだら確定申告しなければいけないようだけれど、いつはじめたらいいの?

あなた今、このようにお考えではないでしょうか。

YouTube(ユーチューブ)で儲けを得ることができるようになると、気になるのが税金の計算と確定申告ではないでしょうか。

YouTube(ユーチューブ)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

YouTube(ユーチューブ)の確定申告とは、一年間の儲けすなわち所得に対して、税金を計算し、所得税を納めることをさします。

ただし確定申告が必要になるのは、一定の所得を超えた方だけであり、該当しない方はたとえYouTube(ユーチューブ)で儲けを得たとしても確定申告は必要ありません。

ここではYouTube(ユーチューブ)の税金の計算方法と確定申告について詳しく解説していきます。

YouTube(ユーチューブ)の税金を納めるべき確定申告の対象者

YouTube(ユーチューブ)で所得を得た場合、確定申告を行い税金を納める対象者は、以下の通りです。

  • 給与所得を得ている方:YouTube(ユーチューブ)による副業で年間20万円の所得を超えた場合
  • 給与所得を得ていない方:YouTube(ユーチューブ)の所得が年間38万円を超えた場合

確定申告とはすべての所得から税金を計算して所得税を納税することをさしますが、ここではわかりやすいようにYouTube(ユーチューブ)の所得だけにスポットを当てて解説していきます。

まず正社員やアルバイトなど雇用されて給与所得を得ている方は、YouTube(ユーチューブ)による副業だけで年間20万円の所得を超えた場合に、確定申告が必要です。

一方、個人事業主・専業主婦など給与を得ていない方は、年間38万円を超えた場合に確定申告が必要と考えておきましょう。

YouTube(ユーチューブ)の税金区分と確定申告方法の選び方

YouTube(ユーチューブ)の税金区分は、YouTube(ユーチューブ)の所得だけで生計を立てている方は事業所得、副業や趣味でYouTube(ユーチューブ)を行っている方は雑所得になります。

税制上の所得は、事業所得・給与所得・不動産所得・利子所得・雑所得など、全部で10所得に区別されており、YouTube(ユーチューブ)の所得は上のふたつのどちらかに該当すると考えておきましょう。

事業所得とはその名の通り事業で得た所得であり、確定申告の方法は青色申告で行うことをさし、これに該当する方は個人事業主になります。

一方、雑所得とは上記9所得のいずれにも該当しない所得をさしており、白色申告で確定申告を行います。

まず初年度の確定申告の方法は、たとえYouTube(ユーチューブ)で生計を立てている場合であっても、白色申告で行う必要があります。

白色申告と青色申告の違いを簡単に述べると、青色申告は事業所得として計上し一定の控除を受けて課税対象額を軽減できることでしょう。

すなわち青色申告は白色申告と比較して、税制上お得になるということです。

ただし青色申告書は確定申告の手続きや税金の計算方法における難易度があがるというデメリットがあり、白色申告の方が簡単に手続きを行うことができます。

2年目以降の確定申告で青色申告を検討されている方については、初年度における白色申告書の提出と同時に、税務署へ開業届を提出する必要があります。

YouTube(ユーチューブ)の税金の計算方法と確定申告における「所得」とは?

YouTube(ユーチューブ)の確定申告をスタートすべきかの判断基準や、税金の計算方法のもととなる金額を「所得」と言います。

まず確定申告書をみてみるとわかりますが、税制上「所得」と「収入」は区別されていることがわかります。

収入とはYouTube(ユーチューブ)で儲けた金額をさしますが、所得とは収入からYouTube(ユーチューブ)で稼ぐために購入した機材・ネット環境に接続するための通信費・PCを起動するための電気代などを相殺した金額をさします。

稼ぐために利用したり購入したりした金額は経費として計上するため、税金の計算方法の段階で控除されます。

ようするに所得とは、YouTube(ユーチューブ)の純粋な儲けをさしており、これが確定申告や税金の計算方法の対象額となります。

ただし生活するための電気代まで、YouTube(ユーチューブ)の経費として相殺することができません。

よって確定申告の経費として計上する金額は、電気代を生活費とYouTube(ユーチューブ)で按分する形で、計上するのです。

このように経費はYouTube(ユーチューブ)の所得を算出するための重要資料になりますので領収書は大切に保管しておきましょう。

もしYouTube(ユーチューブ)の経費として計上できるのかどうかを判断できないときは、最寄りの税務署へおたずねください。

YouTube(ユーチューブ)の確定申告ですべき税金の計算方法

YouTube(ユーチューブ)の税金の計算方法は、所得をもとに計算を行います。

税金の計算方法は「年間所得 × 税率-控除額」で算出を行います。

たとえばYouTube(ユーチューブ)で生計を立てており、年間300万円の利益を獲得、経費は10万円だったとしましょう。

この場合の確定申告における税金の計算方法は、300万円×0.1-97,500円=202,500円になります。

実際の確定申告手続きでは、この他にも所得から、医療控除、社会保険控除、年金控除などを相殺しますが、こちらでは簡略化します。

なおYouTube(ユーチューブ)の税金の計算方法の実務手続きは、会計ソフトを導入し流れに沿って手続きを行うだけで所得から税金の計算方法までを完了することができて便利です。

特に青色申告を行う方は、手続きの難易度があがるため、自分で確定申告を行う場合、会計ソフトはマストだと言えるでしょう。

YouTube(ユーチューブ)の税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説まとめ

YouTube(ユーチューブ)の税金の計算方法と確定申告について解説しました。

確定申告をスタートすべきかどうかは、給与所得を得ているのか得ていないのかで異なります。

基本的な考え方として、事業としてYouTube(ユーチューブ)を行っている方は青色申告による事業所得で、副業として行っている方は、白色申告による雑所得で確定申告を行うと考えておきましょう。

たとえ事業としてYouTube(ユーチューブ)をしていても、ずっと白色申告で確定申告することも可能ですので、自分の所得状況などからトータル的にどちらを利用すべきかを判断するとよいかもしれません。