LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)・TikTok(ティックトック)・Youtube(ユーチューブ)・動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)を分かりやすく解説

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

【PR】17LIVEやPocochaで本気でライバーとして活躍したい方は大手ライバー事務所のベガ・プロモーションへの参加がおすすめ♪

・トップライバーを含む2000名以上のライバーが多数所属

・ライバーのマネージメントを丁寧に、優しく行ってくれる

・インフルエンサー案件など豊富な案件を紹介

-公式サイト内のLINE@で気軽に質問やご相談が可能です-

>>ベガ・プロモーションの詳細ページはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20201130200520j:plain

f:id:webwebweblog:20180715055049j:plain

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)ってなに?

Poke(ポーク)されたけれど、使い方がよくわからない。

17LIVE(イチナナ)のお気に入りライバーさんにPoke(ポーク)されたいけれど、なかなかしてもらえない。

あなたは今、このようにお考えですよね。

17LIVE(イチナナ)のコミュニケーション機能としてPoke(ポーク)が実装されていますが、ライブ配信をみていたらいきなりPoke(ポーク)されて反応に戸惑う方もいるのではないでしょうか。

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)を分かりやすく解説

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)とは?

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)とは、一言で言うとあいさつのようなものです。

たとえば17LIVE(イチナナ)のライブ配信をみているときに、ライバーさんにPoke(ポーク)されたという方もいるでしょう。

Poke(ポーク)とは、「つっつく」という意味があり、ライバーからの気軽なあいさつのようなものだととらえておけば問題ありません。

しかし17LIVE(イチナナ)でPoke(ポーク)された場合、どのように反応したらよいのかわからないという方もいるでしょう。

ライバーさんがPoke(ポーク)を送るシーンとして、ライブ配信を見に来てくれたとき、いいねやギフト、フォローしてもらったときなど、個々のタイミングで送るケースが多いです。

いいねやギフト・フォローなどにPoke(ポーク)を送る場合は「ありがとう」の意味もあるでしょうが、ライブ配信を見ているだけでPoke(ポーク)された場合は特に深い意味はないと考えてよいでしょう。

ひたすらライブ配信を見ているリスナーに話しかけるつもりでPoke(ポーク)するライバーさんもいます。

Poke(ポーク)されたからと言って、なにかリアクションしなければいけないというルールもないためご安心ください。

いずれにしても17LIVE(イチナナ)でライバーからPoke(ポーク)を受け取ったということは、ライバーはリスナーの存在を認識しているということになります。

Poke(ポーク)をきっかけにお気に入りのライバーさんとコミュニケーションをとることができるチャンスと言えるでしょう。

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)の使い方

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)の使い方には順序があります。

基本的なPoke(ポーク)の使い方ですが、順序として先にライバー側が送るものであり、それに対してリスナーはPoke(ポーク)を返すことができます。

一方、リスナーからライバーに向けてという順序でPoke(ポーク)を送ることはできず、ライバーからのPoke(ポーク)に対して返すことができることにとどまるためご注意ください。

さらに詳しくPoke(ポーク)の使い方をみていきましょう。

17LIVE(イチナナ)でライブ配信を見ていると、突然17ベイビーのアニメーションが画面に表示されて「ライバーからPoke(ポーク)されました!」と表示されます。

またライブ配信のコメント欄にも「ライバーが***Pokeしました」と表示されます。

17LIVE(イチナナ)でPoke(ポーク)されたらPoke(ポーク)返すことができる

17LIVE(イチナナ)でライバーからPoke(ポーク)を受け取ると、つづいて「ライバーがあなたにPoke(ポーク)しました」とポップアップで表示されます。

このポップアップでは4つのリストが表示され、ライバーからのPoke(ポーク)に対してどう返すかをリスナーが自由に選択できます。

  • フレンドリーにPoke(2,999p)
  • 優しくPoke(999Pp)
  • Pokeを返す(499p)
  • Pokeを返す(送信)

「フレンドリーにPoke(2,999p)」「優しくPoke(999p)」「Pokeを返す(499p)」は有料でPoke(ポーク)を返すことができます。

「Pokeを返す(送信)」は無料でPoke(ポーク)を返すことができます。

有料のPoke(ポーク)を返すと、ライバーさんの収益になるためとても喜ばれますが、無料でPoke(ポーク)を返しても何の問題もありません。

あくまでもPoke(ポーク)は17LIVE(イチナナ)上のあいさつのようなものですので、自分が返したい方法を選択しましょう。

17LIVE(イチナナ)でPoke(ポーク)されたいときのコツ

17LIVE(イチナナ)でお気に入りのライバーさんにPoke(ポーク)されたいとお考えの方もいるでしょう。

ライバーさんの中には積極的にPoke(ポーク)を活用する方がいる一方で、あまり活用していない方もいます。

しかし他のリスナーにはPoke(ポーク)するのに、自分にはしてくれないというケースは少し寂しいですよね。

そこでPoke(ポーク)されたいときのコツとして、こちらからいいね・エールを送る、またはフォローしてみてはいかがでしょうか。

ギフトも方法のひとつですが、ギフトは有料ですので少しハードルが高いと考える方もいるでしょう。

いいねやエール・フォローは無料で利用できるため、ハードルも低いです。

ライバーさんに存在を認識してもらうためにも役立つ機能ですので、17LIVE(イチナナ)でPoke(ポーク)されたいときのコツとしてぜひご活用ください。

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)を分かりやすく解説まとめ

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)は、ライバーからリスナーにあいさつするためのツールです。

まずはライバーさんからPoke(ポーク)を受け取ったら気軽な気持ちで返してみましょう。

有料のPoke(ポーク)を返すことで、よりライバーさんに存在を認識してもらいやすくなるため、他のリスナーと一歩差をつけることができます。

ただしムリして有料にしなくてもじゅうぶんですので、まずは17LIVE(イチナナ)を楽しむためのツールとしてPoke(ポーク)を利用してみることをおすすめします。