LIVE・LIVE・LIFE

17LIVE(イチナナ)など動画配信アプリに関する情報を発信しています

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)を分かりやすく解説

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

>>Pococha LIVEはアプリをダウンロードしてすぐに視聴可能♪

17LIVE以外にもかわいい女の子やイケメンの男の子を探してみたいという方やまだ出来て新しい環境で有名ライバーになってみたいという方におすすめです☆

>>Pococha LIVEのダウンロードはこちらから☆

f:id:webwebweblog:20180715055049j:plain

「17Live(イチナナ)のPoke(ポーク)って何?」「17Live(イチナナ)のライブ配信を見ていたら、いきなりPoke(ポーク)が表示されたけど、どのようにすればいいの?」 あなたは今、このような疑問をお持ちではないでしょうか。

はじめての場合は戸惑ってしまいますよね。 17Live(イチナナ)のPoke(ポーク)をもっともわかりやすく言うと、あいさつのようなものだと例えればいいかもしれません。

もし表示されたら、タップして返してあげればOKです。

ただPoke(ポーク)にはいくつか種類があるので、何を選んだらいいのかわからないという方もいるでしょう。

ここでは17Live(イチナナ)のPoke(ポーク)とは何か、どのように使えばいいのかなどについてまとめました。

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)を分かりやすく解説

17Live(イチナナ)でライブ配信を見ていると、「Poke」という言葉と17Live(イチナナ)のキャラクター「ベイビー」が飛び交っているのがわかりますよね。

Poke(ポーク)のアニメーションとともに頻繁に飛び交っていますが、Poke(ポーク)はライバーとリスナーの交流のひとつの機能として使われています。

ちなみに17Live(イチナナ)のPoke(ポーク)は、ライバーさんからリスナーに向けて送られるものだと覚えておきましょう。

リスナーからライバーへはPoke(ポーク)を返すだけで、リスナー側からは送ることができません。

17Live(イチナナ)のPoke(ポーク)の意味は?

Poke(ポーク)は17Live(イチナナ)でのライバーとリスナーのあいさつや交流のひとつとして使われています。

「ねえねえ」と指でつっつくしぐさの代わりに、「こんにちは」「視聴ありがとう」など、の意味で使われていることが多いのではないでしょうか。

場合によっては「おねだり」の意味でPoke(ポーク)する配信者もいます。

課金コンテンツもありますが、無料でPoke(ポーク)を返せるので心配ありません。ただ親しくもないのにいきなりPoke(ポーク)でおねだりするライバーはそういませんが。

17Live(イチナナ)のPoke(ポーク)を送るときに決まったルールはありません。よってあいさつとしてとらえておきましょう。

Poke(ポーク)されるのが多いのは17Live(イチナナ)でいいねやフォローしたとき

17Live(イチナナ)でもっとも多いのが、「いいね」をしたときや「フォロー」したときに、ライバーさんからPoke(ポーク)されることが多いです。

配信者が「ありがとう」の気持ちを込めて送ってくれることも多いですよ。

視聴してくれていてアクションがないリスナーにPoke(ポーク)がくることも

長時間、ライブ配信を視聴してくれているのにアクションがないリスナーさんに「ねえねえ」とPoke(ポーク)する17Live(イチナナ)ライバーもいます。

「いいねやフォローしていないのになんで?」と視聴者は驚いてしまうかもしれませんが、ただ単に配信者は交流したいだけなので心配ありません。

無料Poke(ポーク)を返してあげると喜ばれますよ。 中には17Live(イチナナ)ライバーにコメントを残したいのに勇気が出なくてできない、というリスナーさんを察してPoke(ポーク)してくれる方もいます。

これをきっかけにお気に入りのライバーさんとなかよくなれるかもしれません。これを機にコメントを残してみてはいかがでしょうか。

17Live(イチナナ)のPoke(ポーク)の返し方

17Live(イチナナ)でライブ配信を視聴していると「ライバーがあなたにPokeしました」とポップアップ表示されますので、4つから選択して返しましょう。

「ラブリーPoke」「フレンドリーPoke」「ナイスPoke」は有料、「Pokeを返す+フォロー」は無料です。

もしライバーにおねだりされたり、ポイントをプレゼントしたかったりした場合は、有料Poke(ポーク)を返しましょう。

1ポイント0.5円換算でプレゼントできます。当然、ポイントを稼いで人気や報酬を獲得しているライバーさんは喜ぶこと間違いなしでしょう。

無料にする場合は「Poke(ポーク)を返す+フォロー」でもOKです。ライバーが気を悪くすることはないので、心配ありません。返してあげるだけでうれしいので、もしフォローしたくない配信者の場合でも、返してあげていいと思います。

フォローは後で自由に外すことができるので安心してください。 キャンセルもできますが、交流を希望する場合は個人的には無料Poke(ポーク)をおすすめします。

17Live(イチナナ)にはPoke(ポーク)チャレンジもある

ライブ配信を視聴していると、急に赤ベイビーの爆弾のアニメーションが表示されPoke(ポーク)チャレンジが始まります。

Poke(ポーク)チャレンジを成功すると、ライバーさんのランキングや視聴者数アップにつながります。

通常のPoke(ポーク)にある有料Poke(ポーク)をすべて完成させなければなりません。とはいっても有料ですのでもちろん強制ではありませんし、爆発してもペナルティはありません。

3つの有料Poke(ポーク)はすべてひとりが完成させてもいいですし、他のリスナーさんと協力してもOKです。

ファン一丸となってライバーさんを応援してあげよう、という目的のミニイベントです。

もしすべてのPoke(ポーク)が完成すると成功となり、別のライバーさンの配信ルームに移動します。

17LIVE(イチナナ)のPoke(ポーク)を分かりやすく解説まとめ

Poke(ポーク)は17Live(イチナナ)でもっとも多く使われている機能だと言っても過言ではありません。

ということは気軽に使える機能だとも言えるでしょう。ライバーさんとの交流を深めるためにぜひ活用してください。